イエローサブマリン秋葉原本店☆ミント様にて開催された
映画「パシフィック・リム」に登場するロボ”イェーガー”の立体を楽しむ作品コンテスト
JGコン -Jaeger Model Contest-のエントリー作品を一挙に紹介しちゃいます!

PLAMAXのジプシー・デンジャー&チェルノ・アルファはもちろん。
あなたの思い描く自分だけの”イェーガー”を作って下さい!!
というテーマで募集した作品たち全17点をお見せします。
マックスファクトリースタッフもシレッと作っているのを含め、
参加したみなさんがどんなカスタムをしたのかぜひともご覧ください!

気に入った作品があればぜひとも「#JGコン」のハッシュタグを付けて
ツイッターなどでホメてください(作った人が喜びます)。



■ジプシー・アーミー/清水大将(マックスファクトリー)
「開発中から自分でもちゃんと作りたくて仕方なかったジプシー・デンジャー、ようやく作りました!!」



■チェルノ・アルファ/みみぶくろさん
「素組み、汚し塗装のみで仕上げてみました。スピードモデリング!!」



■ジプシー アンカレッジver/もっさん(グッスマ企画部)
映画冒頭、アンカレッジ沖での激戦を再現したかったのでいい。ダメージ表現楽しかったです。



■チェルノ・アルファ3号機/東 剛士



■チェルノ・アルファ/MAX渡辺
「カンタンフィニッシュでチェルノ・アルファ!成型色に汚しのみです!」



■チェルノ・アルファ/MAX渡辺
「たまにはこんなカラーのチェルノも!オレンジで決めてみました!!」



■Go on! Lidths/Jayさん
「MAX渡辺先生のツイッターを参考に作りました。ウェザリングが楽しいキットでした。」



■こいつをぶつける!/ハスキーさん
「秋葉原工作室で素組みで遊んでたら生まれました。ミサイルをつかむために右手親指だけ自作です。」



■クリーチャー風ジプシー/里さん
「プラモ処女をジプシーに捧げられて感無量です。デル・トロ監督リスペクトで塗装しました。」



■ジプシー・デンジャー/秋葉原工作室さん
「剥がしすぎた・・・。」



■ヘイスタック・カルホーン1/220スケール/Anthonyさん
「50個の星、頑張りました。左肩うしろのボタンを押すと歌って踊って暴れます。よろしければお試しを・・・。」



■チェルノ・アルファ2P/AISHIさん
「2Pカラーっぽく赤くしてみました。肩パーツは不良のため使用不可のためジャンクで作りました。それ以外はほぼ素組です。製作期間約3日。」



■GIGANT MARTIAN/宝美堂さん
「レトロっぽい『ロボット』として作りました。S.W.や海外キットなど、日本的でないパーツを使っています。ニューギニア製。製作期間1日。」



■サボテン・ブラザー/joejoeさん
「南米製のイェーガー。メキシコの帽子ソンブレロとポンチョ、サボテンをモチーフに作りました。」



■KAIJU迷彩/joejoeさん
「KAIJUに仲間と誤認させる事を目的とした迷彩。西側味方機からの誤射が相次ぎ廃止された・・・。とか妄想しながら塗りました。」



■ジプシー・デンジャーZ/田中宏明さん
「スーパーロボット感と超合金感をプラスしたグロス仕上げ。胸に背中のパーツを付けてブレストファイヤー!!っぽく。」



■ロシアンイェーガー/竹下帰還兵(マックスファクトリー)
1/350の大きさを表現したく、以前作ってた宇宙船の作り方をまんまつぎこみました。


……というわけで、結果発表は明日(25日)、イエローサブマリン秋葉原本店☆ミント様にて!
ぜひ現物を見に行ってくださいね。ではでは!
[PR]
# by plamax | 2017-03-24 18:53



1/20スケールという手のひらサイズでありながら
ステキな造形と過剰な色分けで皆さんにご愛顧いただいている
空前絶後のフィギュア・プラモデルシリーズ、minimum factoryにて
ついに『マクロスΔ』のワルキューレが揃い踏み!

フレイアちゃんとカナメさんに続き、明日1月26日(木)より、
美雲・ギンヌメール、マキナ・中島、レイナ・プラウラーの3人が
予約受付開始となります!(ゴリゴリ〜〜)


まずご紹介するのはレイナ・プラウラー。



見てくださいこのポーズ。見てくださいこの衣装。
凄腕ハッカーらしい各所のサイバーなディテールもバッチリなこの造形と
肌色部分のパーツ分割(これはこんど見せますね!)にクラっと来ますね。


そしてお次はマキナ・中島です。



たわわできゃわわなこのポーズと、フリフリのボリューム感ある衣装!
ニーソの色分けとかスカートの色分けとか、どうなっちゃうんでしょうね!
(このへんはみなさんで予想してください。すごいことになってます……)

もちろんこの二人は組み合わせて飾ると……



こんなふうにピッチリとペアになったポーズでワルキューレサインが完成するのです!
……というか、こうやって飾ることを考えて造形してますので
ぜひともワルキューレがズラリ並んだ状態でディスプレイしてくださいね。

さらに美雲・ギンヌメールもお見せしますよっ。



このボリュームと伸びやかな肢体!
衣装と肌の関係はいったいどうなっているのか!
このへんはプラモデルを組んで確認してみてください……
とにかく「うおお……すごい……」としか言いようがないです。
(PLAMAXスタッフは全員「アガガガ……」みたいな声を出していました)

もちろんみなさまフレイア&カナメはご予約済みだと思いますが
この機会に残る3名をガチッとご予約いただき
卓上にワルキューレを再現してください。

正直、彩色状態のサンプルを5体ずらりと並べると
いままで観たことのない圧倒的な密度感で非常にテンションが上がります。
(ご監修いただいた河森監督も「日本の家庭事情に合ってるよね!」とおっしゃっていました)

こうして写真で見ると「いったいどれくらいの大きさなの?」という感じですが
これを直接見られるチャンスが今週末にございます
それが……

『マクロスΔ』戦術音楽ユニット ワルキューレ 2nd LIVE
in 横浜アリーナ 「ワルキューレがとまらない」

1月27日(土)と28日(日/追加公演)の2日間、ライブ会場の展示コーナーにて
minimum factoryシリーズのワルキューレ5人が揃った状態で
彩色サンプルとしては初めてのお披露目となります。

さらにさらに!!!



minimum factory最新作であるシェリル・ノームの
彩色サンプル初展示もございます!
(もちろん2月19日のワンダーフェスティバル2017[冬]での展示もありますよ!)

……ということで
ライブも楽しみ、プラモデルも楽しみな
「ワルキューレがとまらない」、会場で思いっきり楽しんでくださいね!
(会場には清水大将とかたかく上等兵が説明員として出没予定です)
minimum factoryシリーズは生で見たら「ええっ!?」と驚くこと必至。
まずは見て、それから絶対にゲットして、アナタの手で作り上げてください!
ではでは!!横浜アリーナで会いましょう。

©2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会
©2015 ビックウエスト
[PR]
# by plamax | 2017-01-25 18:54 | minimum factory