人気ブログランキング |

「休暇がなくなっちまうな」
社内でいちばんクラッシャージョウ大好きマン竹下帰還兵ですこんにちは。
一行目のセリフでニヤリとした人はこのまま読み進めて一緒にニヤニヤしませんか?

f0395912_15373517.jpg


以前PLAMAX島風で共闘しましたハセガワさんから荷物が届きまして、中身はご覧のとおりアレです。
1:72スケールプラスチックモデル『ファイター1』
念願の!
クラッシャージョウの新キットですよ皆さん!!
航空機テイスト盛り盛りの1:72ですよ!
そんな発売直前のテストショットをぶんどりまして頂戴いたしまして、今日から何回かに分けてブワッとお祭り騒ぎしてみましょ!






さすがハセガワさん繊細なディテールはお手の物、その上品さに酔いしれます。
パーツの表面を眺めながらワイングラスを傾けたくなりますね。(まだ勤務中ですし、お姫さんがいる前でアルコールはご法度です)
f0395912_15373815.jpg
▲きれいなランナーきれいなパーツ






パーツの詳細はハセガワさんの公式ページで見ていただくとして、スナップキットということで軽く組んでみましょうか。

グレーのプラはやや柔らかめの素材ですね、スナップ故でしょうか。
ニッパーで切った感触も違います、パキッと切れるのではなくスッと刃が入る感じ。
ランナーはいつものパキッとシャープ。
嵌合はとてもスムーズ。これ、この調整がキモですよね〜スナップキット。
f0395912_15374900.jpg
▲いつもの航空機キットとは違うコアがあるパーツ構成







どうせならやっぱり「minimum factoryアルフィン」と並べたいじゃないですかPLAMAXブログですし!

とか思ってたらガイアノーツさんから良い塗料も発売されるわけでこちら。
f0395912_15374146.jpg
「クラッシャージョウカラー」ありがたいですね。
調色するの好きなんですけど、ビン生ピッタリの色塗れるならそれに越したことはありません。
そして既存のこの辺も用意しておくと良いらしいですとマスクの人がおっしゃっておりました。
f0395912_15375927.jpg
▲CM-01ホワイトとAT-08ライトブルー

さてさていろいろと準備が整いつつありますね、ちょっと考えてることあるので本日はここまでとします。
ではまたこの場でお会いいたしましょう!


つづく




ファイター1/株式会社 ハセガワ

PLAMAX MF-19 minimum factory アルフィン/マックスファクトリー

クラッシャージョウカラーシリーズ/ガイアノーツ


©高千穂&スタジオぬえ・サンライズ

# by plamax | 2019-01-31 12:00 | PLAMAX

新成人の皆様おめでとうございます!
各々夢や希望に向かい思いっきり羽ばたいてください!
そんな新成人のお父さんたちに今回のブログを伝えたいマックスファクトリー企画部の竹下帰還兵です、こんにちは。

先週1月8日からご予約開始いたしました
『COMBAT ARMORS MAX15 1/72 Scale アビテート F35C ブリザードガンナー』
f0395912_15225123.jpg
おかげさまで楽しみにしている旨をツイッターなどで拝見しておりますエゴサしております、ご予約ありがとうございます!
今日はこのキットの少し細かいところをお伝えいたしましょう。



●脚の可動
ブリザードガンナーの特徴的は4脚は付け根足首で可動します。
f0395912_15451937.jpg

※コンセプト画のため製品とは異なります

本キットの設計で一番キモとなるであろう脚の付け根は、横へ伸びるデザインのためにありがちな構造にしたら胴体がヘニャッとまともに設定画立ちも出来ないモノになるだろうと判断しまして、まず剛性を優先しました。だがしかし、いろんなポーズができるようにはしたかったので、予め角度がついた蛇腹パーツを使うことで単純ながら多様なポーズに対応させました。
f0395912_15473278.jpg




●選択式の爪
爪は展開時格納時の2種類を選択式にしました。
え?爪??
と思った方いらっしゃいますか?
f0395912_15272743.jpg

正直言いまして今回の開発時に本編を再度見直しているときにその構造に気づいたというか忘れてたというか爪伸びた!!と驚いたので仕様に含めました。インジェクションキット初です、おそらく。




●付属フィギュア
そして今回付属するフィギュアは新規造形2体です。
f0395912_15324313.jpg
ハッチを開け緊張感ありながらもややくつろぎ状態がひとり、そして戦車フィギュアおなじみの双眼鏡ポーズ
フィギュアは外せないこのシリーズ、臨場感が広がります。
そして双眼鏡ポーズはXネブラ対応ブロックヘッドに添えるのもありですね、おわかりですね。



まだまだご予約受付中です。
世のお父さんがた、ぜひぜひダグラムシリーズのプラモデルをコレクションしてみてください!
一緒に盛り上がりましょう!





商品名:COMBAT ARMORS MAX15 1/72 Scale アビテート F35C ブリザードガンナー
作品名:太陽の牙ダグラム
価 格:6,389円 +税
発売時期:2019/05
仕 様:PS&PE組み立て式プラスチックモデル・水転写デカール付属・1/72スケール・全高:約100mm
原型制作:マックスファクトリー(佐藤直樹)
発売元:マックスファクトリー
販売元:グッドスマイルカンパニー

※掲載の写真は実際の商品とは多少異なる場合があります。

©SUNRISE


# by plamax | 2019-01-15 17:41 | COMBAT ARMORS MAX


HAPPY NEW YEAR 2019 !!


マックスファクトリー企画部所属竹下帰還兵ですこんにちは!
昨年は超大物プラスチックモデル「PLAMAX 1/20 VF-1 スーパー/ストライク ガウォーク バルキリー」を年末にお贈りできたり、minimum factoryシリーズも「みゆき」「プロテクトギア」そして「みのり with ホンダ耕耘機F90」という話題のプラモを発売したり、「太陽の牙ダグラム」からは「マッケレル」「ニコラエフ」という2つのレアCBアーマー開発にお付き合いいただいたり、誠にありがとうございました。
ニコラエフの発売が少しこぼれてしまったのは大変申し訳なく思いますし悔しいのですが、もうじき発売の報せをお届けできると思うのでもうちょいだけお待ち下さい。
そして本年も引き続きPLAMAXおよびマックスファクトリープラスチックモデルを楽しんでいただけたらと思います。



さて、2019年のプラスチックモデル第一弾は寒い冬にピッタリのこちら。
お待たせいたしました『太陽の牙ダグラム』1/72スケールプラスチックモデルシリーズにいよいよ4脚型CBアーマーが加わります。
本日からご予約開始しました、
『COMBAT ARMORS MAX15 1/72 Scale アビテート F35C ブリザードガンナー』

ああ・・・ちょっと感慨深いですな、四脚の受注開始まで来ました。
これもひとえに皆様の応援(「お買い上げ」とも言う)のおかげでございます、本当にありがとうございます!!
f0395912_15264045.jpg
ではキットを軽くご紹介!
まだ金型作成中ですのでランナー状態はもう少々お待ちいただくとして、いつもの色分けパーツ+PCパーツで独特なロー&ワイドなスタイルを再現しております。
4本の脚は剛性を保ちつつもそこそこ動くようにしたので、すばやく動いたときの足伸ばしやダグラムのリニアガンを避けたときの背伸び等様々な表情を出せます。
f0395912_15473278.jpg
背伸びして避けたのは驚きましたね!▲



形状監修とディテール考証は今回もメカニックデザイナーの「やまだたかひろ氏」にお願いしておりまして、初期のディテール案にはサーマルジャケットやドーザーも描いてあったり、そういうディテールアップや改造も燃えますね!
f0395912_15572985.jpg
原型製作は弊社メカモノ原型師「佐藤直樹」が担当、今回は設計も手がけました。
かっちりとスマートでありつつ異形感やメリハリにも注意し形状を突き詰め、細い四脚で胴体をしっかり浮かす構造を作りました。



そして今回もボックスアートはお世話になってます「天神英貴氏」
めちゃ寒そうなカルナック山脈の前線基地を描いていただきました。
f0395912_16000391.jpg
奥にビッグフットも見えますね、そう、これは『COMBAT ARMORS MAX11 1/72 Scale ソルティック HT128 ビッグフット』のボックスアートの逆サイドでもあるのです。
見上げるビッグフットに対し見渡すブリザードガンナーという対比でもあります。
お持ちの方はぜひ見比べてみてください。
そしてビッグフットと並べるのもなかなか良いです!
f0395912_16043382.jpg

本日はこのあたりで
次回はキットの仕様についてもう少し解説しますねーー

では皆様のご予約お待ちしております!
まだまだシリーズ続けるためにも応援よろしくお願い致します!!!





商品名:COMBAT ARMORS MAX15 1/72 Scale アビテート F35C ブリザードガンナー
作品名:太陽の牙ダグラム
価 格:6,389円 +税
発売時期:2019/05
仕 様:PS&PE組み立て式プラスチックモデル・水転写デカール付属・1/72スケール・全高:約100mm
原型制作:マックスファクトリー(佐藤直樹)
発売元:マックスファクトリー
販売元:グッドスマイルカンパニー

※掲載の写真は実際の商品とは多少異なる場合があります。

©SUNRISE

# by plamax | 2019-01-08 18:25 | COMBAT ARMORS MAX

f0395912_17445189.jpg
f0395912_17385582.jpg
▲2015年9月、ネーネ発売。


f0395912_17385590.jpg
▲2016年2月、バーニー発売。


f0395912_17385566.jpg
▲2016年12月、アリエ発売。


f0395912_17385547.jpg
▲2018年8月、みゆき発売。


山下しゅんや氏が描くミリタリーテイストの美少女を、
誰でもキレイに仕上げられるプラスチックモデルで立体化してきた
『minimum factory ミリタリーキューティーズ』に
2019年4月、新たな仲間が加わります!


f0395912_17445189.jpg
▲その名はコレッタ!


f0395912_18222430.jpg

▲このサイズに、驚きの美しさが凝縮されていますよ〜。


原型はminimum factoryシリーズでも数多くのアイテムを手がけてきた太刀川カニオ氏が担当。
ポーズや衣装をイラスト通りに再現した造形と、色分け済みの成型色が特徴の本シリーズですが
ついにテストショット(まだグレーだけどね)第一弾が上がってまいりましたので、
いても立ってもいられずに皆さんに見せてしまう所存でございます。

f0395912_17483925.jpg
▲こちらは塗装サンプル。


特徴的なスタイルのコートに乗った胸の膨らみと、たすき掛けのショルダーホルスターのせめぎ合い!
この造形を再現しつつ、パーツを貼るだけで色再現するというチャレンジがコレッタちゃんの上半身の見どころです。
それぞれの素材の硬さや上下関係、シワと「ムニュ感」をプラスチックで表現した構成は特筆モノです。
何より、組んでいて楽しい! ここだけ何度でもおかわりしたくなる内容ですよ〜。


f0395912_18010757.jpg
▲まずはスライド金型で整形された上着部分を……って、すごいパーツ形状ですよねこれ。


f0395912_18021507.jpg
▲左胸のパーツは薄いブルーになる予定。これをはめ込んで接着します。


f0395912_18025494.jpg
▲ホルスターはぐるり1周がワンパーツとなっているので……


f0395912_18032691.jpg
▲右肩と右胸〜襟のパーツを組み合わせてから


f0395912_18040674.jpg
▲両者を接着します。袈裟斬りの分割ラインが見たことない雰囲気!!!


f0395912_18073755.jpg
▲接着!


まだグレーのプラスチックなので色分けの結果がお見せできないのがちょっと悔しいんですが、プラモにすることで人間の構造とか服の仕組みと関係ないラインでスパーッと分割してあるのが伝わったかと思います。
これによって、下から見ても横から見ても「ただのモールドではなく、いろんな素材が押し合いへし合いしている様子」を感じ取っていただけるようになっているんですね。


f0395912_18072189.jpg
▲この立体感、一体成型じゃ出せない硬軟まで伝わってくるような調子がイイのです!


コレッタのもう一つの特徴はアシンメトリーなボブヘアーの上から飛行帽を被り、あご紐を締めた顔周り。
書いているだけでも複雑ですが、これを立体で、貼るだけで再現できるようにするとなると、これまた新しいアイディアが必要でした。


f0395912_18105786.jpg
▲顔面とあご紐と首がそれぞれ別パーツとなっています。


f0395912_18115556.jpg
▲後ろ髪も接着した状態。すっぴんの状態がよくわかりますね!


f0395912_18122983.jpg
▲スライド金型によって再現された飛行帽に……


f0395912_18121976.jpg
▲耳あてを取り付けます。


f0395912_18131977.jpg
▲前髪をセットして、両者を接着して頭部の完成!


決して細かい作業ではなく、ゲートから切り離して着実に作業すればイラスト通りのカワいいヘッドが手に入ります。
もちろん目は水転写デカールをご用意しましたので、サッと貼ってフィニッシュもよし、じっくりと塗装に取り組むもよしと、大変ふところの深いプラモになっています。

とにもかくにも、「貼るだけで、絶対かわいい!」を開発目標にしているminimum facotryシリーズです。色付きのテストショットが上がり次第、また皆様にはそのカワイさをお届けしますので、今のうちにお気に入りのストアでご予約いただければこれ幸いでございます!!
どれどれ、そんなにいいものなのかい?と思った方は、ぜひとも店頭でmfシリーズ(A4サイズの薄型ボックスが目印です)を探してみてください。お気に入りのキャラを組んで、お友達に見せびらかせば、きっと楽しいコミュニケーションが生まれるはずですよ!!

商品ページは以下より!!
f0395912_18190769.jpg


■PLAMAX MF-31 minimum factory コレッタ
作品名/山下しゅんやミリタリーキューティーズ
メーカー/マックスファクトリー
価格/2,963円 +税
発売時期/2019年04月
仕様/PS組み立て式プラスチックモデル・1/20スケール・専用台座付属・瞳デカール付属・全高:約90mm
原型制作/太刀川カニオ
発売元/マックスファクトリー
販売元/グッドスマイルカンパニー

※掲載の写真は実際の商品とは多少異なる場合があります。
©Shunya YAMASHITA



# by plamax | 2018-12-19 18:25 | minimum factory

ブラックと言ったら旧タカラさんのプラモデルを思い出すかたいらっしゃいますね?竹下帰還兵ですこんにちは。

本日ご紹介するのはそんな旧タカラっ子に刺さってほしい逸品。
その名もブラック 龍神丸・戦神丸 セット登場です!
f0395912_10182571.jpg
▲今回も射尾卓弥氏に描いていただきましたブラック!

TV放映当時、限定版として発売された謎の黒い魔神。
「はたしてこの魔神は敵か?味方か?謎である!」
いかしたキャッチがそそるブラックバージョン。
当時プラモデルやおもちゃにブラック化の波が来てましたね、(断じて今で言う悪い意味のブラックではないゾ!)それはワタルのプラクションも例外ではなく龍神丸戦神丸はセットで販売されました。
今回の「PLAMAX ブラック 龍神丸・戦神丸 セット」はそのオマージュでもあります。
f0395912_10263957.jpg
▲かっこよさマシマシの黒!

ワンポイントとなる赤色は今回のキットでも塗装済みパーツで再現してます。
そして蓄光シールも付属しますので組み立てるだけで黒い勇姿が再現されます!
f0395912_10214705.jpg
▲黒いランナーに真っ赤な塗装済みパーツ

f0395912_10182646.jpg
▲暗闇で光るぞ!

そしてなんとウレシイお知らせ!
シバラク先生戦神丸を呼ぶときに使っていたテレホンカード」デザインのシールがおまけで付いてきます!
これ欲しかったというかたはわりといらっしゃるのでは?
f0395912_10273900.jpg
▲コスプレアイテムとしてもご利用戴けます

龍神丸・戦神丸がなかなか手に入らない!
持っているけど2体目がほしい!
ブラックセットは昔買ってもらえなかったけど今なら!
戦ちゃんカードのシールがほしい!!

などなど、この機会にぜ漆黒の魔神のご予約をーーー[ご注文はこちら]


f0395912_10280598.jpg





そして!
次に控える魔神の続報もお楽しみに!

f0395912_10314815.jpg
次回もおもしろカッコイイぜ!



作品名:魔神英雄伝ワタル
メーカー:マックスファクトリー
価格:4,815円 +税
仕様:PS&PE組み立て式プラスチックモデル・蓄光シール付属・ノンスケール・全高:約80mm
原型制作:ランペイジ



©SUNRISE・R


# by plamax | 2018-12-05 12:00 | PLAMAX