f0395912_18222605.jpg

はいみなさんこんにちは。たかく上等兵です。

上のCGは最終の設計データなんですが、みなさんガウォークの後ろ姿なら何度も見たことあるはずですよね。
僕も各社さんのプラモを組んだりイラスト見たりしてきましたから、「わかってる」と思ってたんです。

が!

ある日突然、設計チームから「たかくさん!ここどうしましょ」と写真の部分の図面が送られてきまして、
「え? なにが?? 全然ちゃんとしてるじゃん?」と思ったんですね。

ここでテーマとなったのが「バックパック状態になったときのビーバーテイル内部に収められた3つのノズルの配置」です。
ストライクパックの巨大なノズルに挟まれた、小さい3つのノズルです。

f0395912_18271123.jpg

これの何が問題なのかというと、3つのノズルの配置が「への字」なのか、「Vの字」なのか、ということでございます。
ここで「いや、への字でしょ!」とか「Vの字でしょ!」と確信を持って言える人はバルキリーマニアですね。断言しちゃう。

上のCGデータは開発初期のもので、への字(真ん中が上)に配列されてますよね。
どっこい、これってイラストによって解釈がまちまちなんですよ……。

例えば僕らが開発の参考に重宝させていただいている
ソフトバンククリエイティブさんの『ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-1バルキリー』を見ると
こうなってます。

f0395912_18303098.jpg

……バトロイドモードの図なので脳内で90度倒してみてください。「Vの字」(真ん中が下)ですよね。
当時の設定画も全部「Vの字」で描かれてました。

あえて画像は出しませんが、VF-1プラモの大先輩であるハセガワさんの1/72モデル、1/48モデルも「Vの字」ですね。
バンダイさんの1/72モデルも(ほとんど横一直線ですが)「Vの字」の配列でした。

で、ソフトバンククリエイティブさんの同じシリーズ
『ヴァリアブルファイター・マスターファイル VF-1バルキリー 宇宙の翼 (マスターファイルシリーズ)』を見てみると……

f0395912_18355811.jpg

はい、「への字」ですね。当然ながらVF-1の生みの親である河森監督もこの本の監修をしてますから、
「こういう機体もあった」とか、「こういう解釈もアリ」ということにしましょう。

ふつうなら「設定どおりにVの字」にしましょう、で設計をすすめるところですが、
今回はノズル後方にあるシャッターの開閉ギミック(プラモでは固定ですが、ディテールについての設定がないのです)含め
河森さんに描き起こしていただくことにしました。
(原寸大にプリントしたレンダリングデータを持っていって、そこに直接!)

で、こちらがその画稿であります。

f0395912_18491930.jpg
あっ、「への字」だ!!!!!
……てなわけで、今回のマックスファクトリーVF-1は
おそらくプラモとしてはこのへんが"史上初のスタイル"となっております。
「引き出しギミック実装したい」とか「いや!オレはどうしてもVの字じゃないとイヤ!」というユーザーさんは
ここで自分のこだわりをアピールできるので、覚えておくといい感じですよよよ。

さて、次回は何の話をしましょうかね。

引き続き、「ここ、どうなってんの?」「ここ、気になります!」というのがあったら
Twitterで「#でっかいバルキリー」もしくは「#PLAMAX」とかのハッシュタグを付けてつぶやいてもらうと
こちらで開発資料とかをお見せしつつ、テストショットとかをお見せしつつ、いろいろと解説できるかもしれませんよ。


予約受付中です!



[PR]
# by plamax | 2018-05-17 18:53 | minimum factory

f0395912_18303169.jpg

はい。たかく上等兵です。

1つ、かっこいい!
2つ、発売日に最速ゲット!
3つ、ハコが大きすぎて模型屋さんの店頭にいっぱい置いとくのが大変っぽい

です。

……と、ここで終わってしまうのも困りものですね。
静岡ホビーショー、お疲れ様でした。
すでに予約済みの皆様、ありがとうございます。



で、今日からはですね、驚愕のプラモ
「PLAMAX MF-25 minimum factory VF-1 スーパー/ストライク ガウォーク バルキリー」について
このブログでいろいろと書いていこうと思います。

「ここ、どうなってんの?」「ここ、気になります!」というのがあったら
Twitterで「#でっかいバルキリー」もしくは「#PLAMAX」とかのハッシュタグを付けてつぶやいてもらうと
こちらで開発資料とかをお見せしつつ、テストショットとかをお見せしつつ、いろいろと解説できるかもしれませんよ。

f0395912_18381256.jpg

上はタミヤさんの傑作キット、1/32スケールのF-14トムキャットを組んでいる図(まだオフィスが押上にあった頃ですね)。
"可変戦闘機のプラモ"の構造とか、大きさや体積の雰囲気をつかむために買ってきて、勉強したのでした。
あれから早幾年……ようやく皆様にお届けできますよ。もう少し!

ではでは次回、何からお話しましょうか。お楽しみに!

[PR]
# by plamax | 2018-05-15 18:41 | minimum factory

皆様こんにちは。

フジミさんの46センチ砲プラモを手に入れてニヤニヤしている竹下帰還兵です。
1/200スケールということでなかなかうれしい大きさしてますね迫力!
さすが超弩級戦艦です、大和です。



46センチ砲迫力、そして大和といえば!



minimum factory大和、そしてminimum factory武蔵
シリーズ最大の規模を誇るボリューム、超弩級戦艦の名に恥じない2アイテムがいよいよ4月3日出荷となりました!!
明日辺りから店頭で見かけたり、早くも到着された方々もいらっしゃるかもしれません。
f0395912_15022488.jpg
まるで仁王像




お待たせ致しました!
本当にお待たせ致しました!
根気よくお待ちくださったお客様方々、誠に有難うございます!感謝致します!



では出荷を記念しまして少しだけ中身をご紹介。
艦娘だけではなくもちろん巨大な艤装を同梱しておりますので中身はこのボリュームです、前述の46センチ主砲塔も当然3基入りです嬉しい。(ちなみに副砲塔は4基!)
f0395912_15022494.jpg
minimum factory史上最大ボリューム





そしてminimum factoryおなじみのピンナップポスターもご覧の通り!
しずまよしのり氏描く大和撫子と武人が模型制作部屋を彩ります。
あーー・・・もちろん寝室に貼るのもオッケーです、組み立て終わったら各自最大限に思いのままに楽しみましょう。
f0395912_15022553.jpg
取説裏に印刷されたB2半裁の大型ピンナップ





艤装部分は両袖展開や砲塔・砲身の可動が仕込まれており、実はminimum factoryとしてはなかなか異例のアイテムだったりします。特に主砲塔は砲身1本1本が別パーツですので途端に勢いが出ます良い表情が出ます、どこからでもかかってこいです。
f0395912_15022525.jpg
f0395912_15022644.jpg
艤装が可動することで全体の表情が変わる大和と武蔵





ではみなさま、お店にてこのパッケージを見かけたらまずはお手に取りその迫力を感じてみて下さい。
そして家で箱を開け艦娘の迫力と艤装の迫力を感じてみて下さい。
minimum factory最大級の楽しいプラスチックモデルが待っています。
f0395912_15022653.jpg




商品名
PLAMAX MF-17 minimum factory 大和
作品名
艦隊これくしょん ‐艦これ‐
価格
4,980円 +税
原型制作
仁平哲也(艤装原型:マックスファクトリー)

商品名
PLAMAX MF-18 minimum factory 武蔵
作品名
艦隊これくしょん ‐艦これ‐
価格
4,980円 +税
原型制作
仁平哲也(艤装原型:マックスファクトリー)


©2018 DMM.com POWERCHORD STUDIO / C2 / KADOKAWA All Rights Reserved.


[PR]
# by plamax | 2018-04-04 18:00 | minimum factory

皆さんWFでソワソワしているこの時期だと思いますがイベントのお知らせです。

WF明けの2月22日、池袋にあります映像居酒屋「ロボ基地」にてトークイベント「PLAMAXナイト」開催決定です!!
PLAMAXをテーマに開発スタッフ、関係スタッフが語り尽くすこのトークイベント、第一回のテーマは
驚愕の大型プラモ 1/20 VF-1を熱く語る
現在絶賛開発進行中のビックモデル「VF-1 ガウォークバルキリー」の企画誕生から現在までの開発裏話まで、トコトン語り尽くします!!もちろん実際の組み立てモデルもお披露目します!
会場が居酒屋さんですので宴会感覚でワイワイ楽しめるトークイベントにしましょう。
f0395912_18122328.jpg

■イベント詳細

日時:2018年2月22日(木曜日) 夜9時~

入場:無料(要1オーダー以上
※ロボ基地サービス料としてお一人様324円(税込)かかります。
※エネルギーチャージフィーとしてお一人様324円(税込)かかります。

出演:MAX渡辺(マックスファクトリー代表)
   たかく上等兵(マックスファクトリー)
   二宮茂樹(模型誌ライター)


■参加お申し込み

お店は通常営業していますのでそのままご来店いただいて構いませんが、混雑が予想される為ぜひご予約をお願い致します。

ロボ基地 予約電話番号:03-5955-4644
※ご予約の際は必ず「トークイベント参加希望」とお伝え下さい。

■イベント参加特典

 ◯ワルキューレコースター(メンバーいずれか1枚)プレゼント
f0395912_18112788.jpg

 





















◯マクロスΔフェア特別メニューから下記いずれかを1ドリンクサービス。
  ・カナメ・バッカニア(アルコール)
  ・マキナ・中島(ノンアルコール)
 ※メニューについて詳しくはロボ基地HPを御覧ください。http://bpnavi.jp/shuzo/eizou_robokichi/


その他、マクロスモデラーズ新作紹介など盛り沢山な内容になっております。
ぜひ22日は映像居酒屋「ロボ基地」においでください!!


[PR]
# by plamax | 2018-02-15 19:00 | minimum factory

ドガ市奪還を狙う連邦軍の港湾施設強襲上陸作戦、
その前夜の奇襲作戦に運用したのが連邦軍初の水陸両用CBアーマー「マッケレル」である。


と、堅苦しい前置きはこのくらいにしておきます、PLAMAX企画部竹下帰還兵ですこんにちは。

いよいよこの時が来ました。
予約開始です!
マッケレル」です!
あの「マッケレル」です!

f0395912_17105523.jpg

▲海坊主的シルエットが愛らしい♡


第58話で見せてくれた奇襲時の運用描写はとてもマニアックでしたね!
(ナナシの直感でバレてしまいスマートな登場とはならなかったのも愛らしい)
潜水航行で戦闘水域に到着したら背部ハイドロジェットをパージ!

f0395912_17105604.jpg
▲もちろんパージできます!


最初の一撃を喰らい1機失ったものの、俊敏(その身体に似合わず!)に浅瀬を走りながら前腕部の対アーマーライフルでキャナリーが操るアイバンのサーチライトを破壊!
f0395912_17105892.jpg

▲そんな走りながらの射撃ポーズもお茶目に再現!


しまいにはなんと迎撃に来たダグラムを海中に引きずり込み激しい格闘戦!
見どころが多いため、少ない登場ながらも視聴者の記憶に残るCBアーマー「マッケレル



プロポーションやシルエットは大河原邦男氏が描く設定画のラインを丁寧に拾いながら劇中のボリューム感や印象を盛り込み、カタマリ感のあるとても魅力的な形状に仕上げられたと自負しております。ディテールも旧キットに敬意を払い印象的なデザインは大幅に変えないようにしながらバランスを見ました。59話の潜航時に使用した頭頂部前照灯はクリアパーツで再現しております。
f0395912_17105986.jpg

▲ハイドロジェットのノズルや二重構造のコックピットなども見どころ!


f0395912_17105819.jpg

▲平手は左右付属しております!もう一度書きます左右です!


ボックスアートは今迄のマックスファクトリーのダグラムシリーズを手がけていただいている天神英貴氏に今回もお願いしております、奇襲作戦の話を元にドラマチックなイラストを描いて戴きました!
f0395912_17105975.jpg

▲不気味さがソソります!


他のCBアーマーとは違う魅力があふれる「マッケレル」皆様のご予約お待ちしております!
http://www.goodsmile.info/ja/product/6979
↑ご予約はこちらから!
f0395912_17110015.jpg



■商品名
COMBAT ARMORS MAX12 ソルティック H404S マッケレル
■メーカー
マックスファクトリー
■カテゴリー
プラスチックモデル
■価格
5,556円 +税
■発売時期
2018/05
■仕様
ABS&PS&PE組み立て式プラスチックモデル・水転写デカール付属・1/72スケール・全高:約120mm
■原型制作
T-REX
■発売元
マックスファクトリー
■販売元
グッドスマイルカンパニー

©SUNRISE

※掲載の写真は実際の商品とは多少異なる場合があります。
[PR]
# by plamax | 2017-12-26 12:00 | COMBAT ARMORS MAX