人気ブログランキング |

f0395912_11450821.jpg
 シリーズスタート5周年を記念して、9月に一挙13種が再生産される「COMBAT ARMORS MAX」。再生産に合わせてスタートしたキットレビュー連載の2回目をお届けします。今回のテーマは重コンバットアーマーの代表「アビテート T10B ブロックヘッド」!!
 前回に続きナビゲーターは、各模型雑誌で大活躍のライター「けんたろう」が務めます!
f0395912_10481321.jpg

f0395912_10482491.jpg
■ここがポイント!!! ブロックヘッド
1.シリーズ第3弾アイテム。現在の「COMBAT ARMORS MAX」のキットのフォーマットを構築したともいえるターニングポイントになったキット。
2.みっちりパーツが詰まっていて、重コンバットアーマーの重量感を堪能できます!! 成型色替えのXネブラ対応型には『ダグラム』の世界感を楽しめるフィギュアが付属!

 今回登場するのはブロックヘッド。ダグラム作中においては、だいたい敵として登場するコンバットアーマーです。全体的に丸っこく、頭は馬面で鼻のあたりに機銃つき。ムチムチでかなり独特のデザインですが、ダグラムファンならこのブロックヘッドをカッコいいと思い、最強格のコンバットアーマーだと認識しているハズです。

■コックピット!!
f0395912_11453249.jpg

f0395912_11453211.jpg
▲ブロックヘッドは2人で操縦するコンバットアーマーです。頭がコックピットその1ですが、胸部にもコックピットがあります。この頭から胴体につながるパーツの数々がこのキット第一の見せ場です。組みながらこの機体がどうなっているかよくわかります。頭の先端はサーチライト。だからクリアーパーツがあるわけです
f0395912_11453118.jpg
▲大きいコンバットアーマーだからって内装に余裕があるわけではなくパーツがギッシリ詰まっています。さらに頭部のキャノピーが開閉するようにしてあったりと、かい設定の再現にも余念がありません。ここは組んでいてこうなっているのかと納得させられたり、ワクワクする部分になりますね

■腕部!!
f0395912_11454308.jpg
▲ワン部は地味ですが肩に工夫があります。がっぽり覆ってしまう肩アーマーで腕が開きにくくならないようにスイングアームを肩内部に仕込んでいます。せり出すことでより広い可動範囲を実現しているんですね
f0395912_11451566.jpg
▲肩がせり出すことにより、劇中やパッケージアートでもおなじみのマグランチャーの両手持ちが可能です

■脚部!!
f0395912_11454394.jpg

f0395912_11453254.jpg
▲脚部は色分けもありけっこう複雑な面構成で、向こう脛とふくらはぎはおなじグレー色ながらパーツを分けてあったり、デザインを丁寧に再現しようとしています。ブロックヘッドは丸っこいパーツが多いので、空気の入ったような腕といい、曲線を丹念に再現したパーツが多いです。職人的な仕事が光りますね~
f0395912_11453245.jpg
▲T10B ブロックヘッドとT10C ブロックヘッドエックスネブラ対応型は成型色が異なるバリエーション。2体揃えると重コンバットアーマーの魅力にクラクラすること間違いなしッ!!

■Xネブラ対応型には「ハンク」と「アーロン」のフィギュアが付属!!
f0395912_11454362.jpg

f0395912_17211187.jpg
▲ダグラムや太陽の牙の面々もブロックヘッドには苦戦させられるシーンが度々出てきます。そして圧巻は40話、41話の『戦士の休息』前後編。ハンクとアーロンという登場人物と彼らの駆るブロックヘッドが、主役を食ってしまう勢いでダグラムを追い詰めます。ダグラムは主役機で負けるはずはありません。ですがこの回は本当にダグラムが負けると思えてしまうほど鬼気迫るものがあるのです……ぜひブロックヘッドを組みながら見ることをオススメします!!

■まとめ
 まず最初の印象はめちゃくちゃランナーが多い。それもそのはず、ダグラムよりずーっと大きいのがこのブロックヘッドです。ダグラムの1.5倍はあるでしょう。そしてパーツは結構多いのですが、それでも案外時間もかからず、サクッと組み上がるという部分や、多くしたぶん再現度の高い曲線主体のシルエット、そして何より完成時にみっしりと重いというプラスチックのカタマリ感あふれる満足度。シリーズの3番手にして、このブロックヘッドを組んだときの"このシリーズ、イケる"という感動を味わいました。
 そしてXネブラ対応型のC型も発売されています。もちろん、こちらにはパイロットのほかにハンクとアーロンのフィギュアがしっかり付属しています。座り込んだブロックヘッドの脚の間で焚き火を囲むシーン、劇中そのままのポーズです。無骨なロボットに匂い立つエピソード。ブロックヘッドといえばハンクとアーロン。ダグラムのメカにはそれぞれに印象を残すシーンがあり、ドラマがあります。ブロックヘッドはまさにその代表格。"主役を食う"完成度の高さをぜひ楽しんでみてください。
text/けんたろう
f0395912_16550491.jpg
ライター/けんたろう 連載のナビゲーターを務めるけんたろう。仕事が依頼されれば各模型誌を渡り歩く、媒体の壁など気にしないお兄さん。ダグラムとの出会いは、テレビ埼玉でやっていた再放送。"登場人物がだいたい上裸"、"整備をしないと動かない"、"局地戦闘型に主人公主役メカ大苦戦"というやたらとハードな物語にびっくり!!。『ガンダム』とはまた違った魅力にやられる……

次回予告「ソルティック H8RF コーチマSpl」

f0395912_18453920.jpg
Not Even Justice,I Want To Get Truth.
真実は見えるか





by plamax | 2019-07-23 17:46 | COMBAT ARMORS MAX


f0395912_10383380.jpg
 シリーズスタート5周年を記念して、9月に一挙13種が再生産される「COMBAT ARMORS MAX」。再生産に合わせまして、これから毎週「COMBAT ARMORS MAX」ってどんなキットなの? というキットレビューの連載をお届けします!
 ナビゲーターは、各模型雑誌で大活躍のライター「けんたろう」が務めます。30代半ばの彼は再放送でダグラムにのめりこんだ謂わば第2世代。ちょっと『ダグラム』ってもっと上の世代の人の物かも~って思っていたモデラーさんも、彼の視点とちょっとした昔語りを参考に「あれ? 面白そうかも!?」と共感していただけると嬉しいです。
 連載の第1回は主人公機でありシリーズ第1弾の「コンバットアーマー ダグラム」とそのバリエーションとして先頃発売された「ダグラム 対空武装強化型ザック装着タイプ」をお届けします!!!

f0395912_10481195.jpg

COMBAT ARMORS MAX14 コンバットアーマー ダグラム 対空武装強化型ザック装着タイプ
f0395912_10483271.jpg

f0395912_10515031.jpg
▲ライター/けんたろう 連載のナビゲーターを務めるけんたろう。仕事が依頼されれば各模型誌を渡り歩く、媒体の壁など気にしないお兄さん。ダグラムとの出会いは、テレビ埼玉でやっていた再放送。"登場人物がだいたい上裸"、"整備をしないと動かない"、"局地戦闘型に主人公主役メカ大苦戦"というやたらとハードな物語にびっくり!!。『ガンダム』とはまた違った魅力にやられる……

■ここがポイント!! 実はこの再販で「ダグラム」はアップデートされている!!!!
1/「コンバットアーマー ダグラム」&「ダグラム 対空武装強化型ザック装着タイプ」は、生産を鳥取の楽月工場に切り替え! 中国から金型を回収&整備し、パーツ精度をこれまでより向上させるというトライアルを実施!!!
2/「コンバットアーマー ダグラム」にはボーナスパーツとして「9連ミサイルポッド」が付属!!!
f0395912_10383346.jpg
 それでは早速、ダグラムはどのようなキットなのか見ていきましょう! まずは両キット共通の本体の各部を見ていきます!!

■頭!!!
f0395912_11050846.jpg
▲組み立てはダグラム本体のコクピットからはじまります。コンバットアーマーは直接視界のコクピット、ガラス越しに人間が収まっている。このあたりのギュッとメカニックが詰まった感じが再現されており、頭部はキットの見せ場の連続です
f0395912_11052760.jpg
▲キャノピーは開閉できる可動版、上側のハッチ開放版、そして成型色に合わせたフレーム塗装が済んだバージョンと3つも入っています。2つの入り方があるキャノピーの設定を余すことなく再現したり、塗装せずとも完成といえるようにフレームを塗ったりとユーザーフレンドリーな面と、これだけでトピックがたくさん詰まっています。対空強化型ザック装備タイプは本体色が渋いメカグレーになっているので、キャノピー枠の塗装色も新しい色になっています

■腕!!!
f0395912_10383289.jpg
▲腕部の注目はヒジを外側に向けたまま曲げられるいわゆる"ガワラ曲げ"を再現しているところです
f0395912_10383229.jpg
▲これはシリーズを通じて再現され、とくに腕に武装がつくことの多いダグラムシリーズではありがたい構造となりました

■肩のスイングッ!!!
f0395912_11124317.jpg
▲胴体に仕込まれた肩のスイング関節によって、腕のリニアガンを構えるなどポーズもバリエーション豊かになっています

■足!!!
f0395912_10383254.jpg
▲足首はソールと甲が分割されており、甲の部分はポリキャップ接続によってスイングし、脚部の可動に追従します
f0395912_11383270.jpg
▲このような踏み込んだポーズも可能となります

■対空武装強化型ザック装着タイプ!!!
f0395912_11234599.jpg
▲けんたろうが読んでいるのが、当時タカラより発行されていた「デュアルマガジン No.2」。本書には『太陽の牙 ダグラム』のメカニックデザイナー大河原邦男氏によるイラストで展開していたコンバットアーマーバリエーションのコーナーがあり、「ダグラム 対空武装強化型ザック装着タイプ」はその中で掲載された強化プランの一つ
f0395912_10380760.jpg
▲キットはダグラム本体も「デュアルマガジンNo.2」に掲載された作例モデルをオマージュしたロービジカラーで成型し、一味違うカッコよさとなっているんですぞ!
f0395912_10381115.jpg
▲時は流れて2019年に出現した"対空強化型ザック装備のランナー……かつてのタカラ版を思わせる配置のランナーですが、もちろん最新の分割ですし、砲口はスライド成型にて穴も開いています
f0395912_10383297.jpg
f0395912_10381439.jpg
▲対空ザックの下部にはマガジンのようなパーツがあるのですが、その取っ手が一体成型になっているのはもう圧倒的にタカラ版のオマージュに違いない……! 勝手な昔語りになりますが、自分はパーティングラインを消すのがめんどうで切り飛ばしてしまったという思い出が鮮やかに蘇ります。思い出がよみがえる"泣かせる"ランナーにひとしきり酔ったあと、説明書を見てみると……
f0395912_10383242.jpg
▲商売上手。通常のターボザックも入っている!!!
f0395912_10383339.jpg
▲そして頭部右に装備するミサイルポッドも入っているのです!!! つまりこれは"ヤクトダグラム"(番組後半の仕様)にも組めるキットだったのです。初期のダグラムにはこのランナーは入っていませんでした。そうそう、今回の再生産では通常のダグラムにもこのランナーが入っているので、ヤクトダグラムにも組めるんですよ

■まとめ!!!
 対空武装強化型ザック装着タイプの本体を組んでいたのですが、ふと違和感が。マックスファクトリー製ダグラムが発売されたとき、もちろん喜んで飛びついて、泣きながら組んだのですが、あのときのキットはけっこう硬いというか、スナップがキツイ印象でした……。それがこの対空ザック装備版はサクサク組めるのです。というのも、ダグラム本体は金型を中国から鳥取の工場に引き上げてチェックし、嵌合などが向上した新バージョンとなっているのです。そこまでするのか……という熱さがこのキットにはあります。そして再生産にあわせて、通常版のダグラムも勘合などが修正されたキットになるとのこと! こちらも要チェック!!!
 膝がちょっと真っ直ぐにならないという弱点は両キットありますが……「対空ザックの重さを感じている角度」と思えば何でも許せちゃう……いや許せないから改造しよう!!! 
 でもマックスファクトリー製ダグラムの発売時は、コクピットが下まであることやポリキャップ式の広い可動範囲、組んだだけで色分けできる、そんなこんなだけで何もかも嬉しかったというか、ダグラム自体にスポットしてくれるというだけで感謝の舞を踊るぐらいだったのを思い出します。ということで自己紹介(自分語り)をはさみつつキットをご紹介しましたが、おそらくダグラムキットに熱狂するみなさまも、きっと濃厚な思い入れがあるかと思います。はじめてダグラムのキットを見た方は、ぜひ今回の再生産を機に、「コンバットアーマー ダグラム」「ダグラム対空武装強化型ザック装着タイプ」をオススメしたいという思いでいっぱいです。
 35年も前に、こんなハードなロボットがあって、それを大真面目にもう一回取り組んだメーカーがある……。ぜひ一挙再生産というお祭りを、みんなで思いっきり楽しもうじゃないですか!!!
文/けんたろう
次回予告「アビテート T10B ブロックヘッド」&「アビテート T10C ブロックヘッド Xネブラ対応型」
f0395912_12454925.jpg
Not Even Justice,I Want To Get Truth.
真実は見えるか


©SUNRISE

by plamax | 2019-07-16 09:11 | COMBAT ARMORS MAX

 コンバットアーマーマックスシリーズスタート5周年を記念し、9月に一挙13種を再生産します!! 店頭から姿を消していたあのキットやこのキットがドドーンとやってきますよ!!
 こんにちは! 英国の地を走る九五式軽戦車の姿に目の前がびしょ濡れになった丹突撃兵です。先日告知もされましたダグラム一挙再生産!! コンバットアーマーマックスシリーズが5周年というだけでなく、皆様の温かいご支援により多脚型のコンバットアーマーまでたどり着けたこのタイミングがリンクし、このような一挙再生産をすることができました。単品ではなく、一気に13種というのは、ぜひ多くの人に当社のダグラムプラモを楽しんでほしい、これまでの人もこれからの人もみんなで『太陽の牙 ダグラム』という作品に触れて欲しいという思いもあります! そこで今回は再生産する13種のキット(ブリザードガンナーは追加受注)を一覧でご紹介します!! 
f0395912_11174916.jpg

COMBAT ARMORS MAX01 コンバットアーマー ダグラム
f0395912_10481195.jpg
▲記念すべきシリーズ第1弾! しかも今回の再生産版にはボーナスパーツとして「9連ミサイルポッド」が付きますよ! 大事なことだからもう一度!「9連ミサイルポッド」!!!

f0395912_10481321.jpg
▲大ボリュームで、みっちり詰まっているので持つと普通に重いっす! このブロックヘッドのキットからほぼ現在のコンバットアーマーマックスのフォーマットが確立したともいえるターニングポイントとなったキットです。重コンバットアーマーの魅力をその手で体感できますよ

f0395912_10481644.jpg
▲ダグラムを翻弄した24部隊が搭乗したのが「ソルティック H8RF コーチマSpl」。コーチマSplの特徴であるハンドリニアガンとターボザックが付属します。また通常のラウンドフェイサーと肩のカラーリングも異なるので、新規で白の成型色となった肩パーツも付属するので無塗装でも設定のカラーリングを楽しめます

f0395912_10483876.jpg
▲こちらの4機セットで贈るスペシャルBOX「ソルティック H8RF コーチマSpl 24部隊セット」も再生産します! 24部隊セットだけの特典として同スケールの「24部隊パイロット」フィギュアセットが付属するのも見逃せません!!! お友達と一緒に買ってみんなで製作するのももちろんありです!!!

COMBAT ARMORS MAX05 アイアンフット F4X ヘイスティ
f0395912_10481866.jpg
▲左右非対称という特異なデザインの重コンバットアーマー、「アイアンフット F4X ヘイスティ」。胴体のパーツ分割などがユニークなので、ぜひ組んでみてほしいキットです! ダグラムの隣に置いたり、24部隊の的役にと一つあるだけで様々な楽しみを供給してくれるバイプレイヤーです

COMBAT ARMORS MAX06 ネイティブダンサー 指揮官タイプ&ミサイルポッドタイプ
f0395912_10482053.jpg
▲静岡ホビーショーなどのイベントでも、ぜひ再生産してほしい!との声が多かったのがこの「ネイティブダンサー 指揮官タイプ&ミサイルポッドタイプ」。パッケージのような情景、作りたいっすよね……。大変長らくお待たせしました! ぜひJ・ロック含め『デロイアの星』メンバー4人をこの機会にお出迎えください!!!

f0395912_10482258.jpg
▲渋いっすよね。ブッシュマンという名前も独特。見た目通り運動性能の向上を目的としたコンバットアーマーです。マグランチャーはラウンドフェイサーにも持たせることが可能っす
アビテート T10C ブロックヘッド Xネブラ対応型
f0395912_10482491.jpg
▲ブロックヘッドのバリエーションキット!! 成型色を特徴あるサンドカラーに変更、またボーナスパーツとして「ハンク軍曹」「アーロン伍長」のフィギュアが付属します

ソルティック HT128 ビッグフット
f0395912_10482754.jpg
北極ポートへ向かう太陽の牙の前に立ち塞がった地球連邦軍CBアーマー「ソルティック HT128 ビッグフット」。寒冷地用で、コクピットが複座なのも特徴的です

ソルティック H404S マッケレル
f0395912_10482891.jpg
▲キット化の発表時に多くのファンから歓声が上がった水陸両用CBアーマー。CBアーマーをコンプリートしたいという思いも一気に加速していきました

サバロフ AG9 ニコラエフ
f0395912_10483008.jpg
▲キット開発担当の竹下帰還兵の情熱がキット化を実現させたサバロフ AG9 ニコラエフ(声に出したくなるかっこうよさ!)。最新キットですから、パーツ構成なども抜群! CBアーマーのデザインの奥深さを感じながら楽しめるキットですよ

コンバットアーマー ダグラム 対空武装強化型ザック装着タイプ
f0395912_10483271.jpg
▲『太陽の牙 ダグラム』のメカニックデザイナー大河原邦男氏によるイラストで展開していたコンバットアーマーバリエーションをキット化していく新シリーズとして始動。その第一弾がこの、ロングバレルが魅力の「ダグラム 対空武装強化型ザック装着タイプ」です。ダグラム本体も「デュアルマガジンNo.2」に掲載された作例モデルをオマージュしたロービジカラーで成型し、一味違うカッコよさとなっています。発売してすぐに在庫切れとなってしまうほど好評をいただきまして、この度再生産となりました! 本当にありがとうございます!!!

アビテート F35C ブリザードガンナー
f0395912_10483401.jpg
▲7月に出荷となります最新キット「アビテート F35C ブリザードガンナー」。大変長らくお待たせしてしまい申し訳ございません! コンバットアーマーマックスシリーズ初の多脚キットとして多数のご注文をいただきました! こちらも追加生産いたします!

駆け足でしたが、いかがでしたでしょうか? 各商品名をクリックするとそれぞれの詳細な紹介ページを見ることができますので、そちらもぜひチェックしてみてください! 来週からはこのPLAMAXブログで再生産するキットのレビューも公開します

またこちら、ダグラム再生産特設サイトもぜひご覧ください!
みんなでプラモを買って、デロイアの動乱に参戦してみてください。それでは皆さんご唱和ください!
Not Even Justice,I Want To Get Truth.
マックスファクトリーのコンバットアーマーマックスにご期待ください!!!
f0395912_10525534.jpg





by plamax | 2019-07-05 15:33 | COMBAT ARMORS MAX

高雄型四番艦「摩耶」が発見されてちょっとワクワクしてる竹下帰還兵ですこんにちは。

7月になりました!
夏の暑さはまだ少しお預けですが、
おまたせしてました『サヨナラノツバサセット』発売です!
昨日7/3に出荷しましたので早いところでは本日お届け&お店に並んでいるかな。

f0395912_12013525.jpg
▲「~blanches~」と「~noires~」の2色あります



箱を開けるとそれぞれ白/黒の単色衣装に加え専用カラーのクリアパーツカラフルな髪、めちゃきれいなランナーが収まってます。
f0395912_12013543.jpg


それぞれを丁寧に組むのも良し!
パーツをトレードして自分なりのカラーパターンを楽しむのも良し!
更にワンポイント手を加えてカスタムを楽しむのも良し!
f0395912_18222421.jpg
f0395912_18223038.jpg
f0395912_18223322.jpg

更に通常版の『MF-08 minimum factory ランカ・リー』 『MF-14 minimum factory シェリル・ノーム』 とパーツトレードするのも夢が広がります!
f0395912_12013582.jpg



そして「デカルチャカスタム」の提案!
100円ショップのアイテムや身の回りの小物と絡めて自分なりの衣装アレンジを表現してみませんか?
f0395912_18223822.jpg
f0395912_18224273.jpg
f0395912_18224584.jpg
f0395912_18224797.jpg
▲デカルチャカスタム作例:林 哲平

f0395912_18225291.jpg
f0395912_18225430.jpg
f0395912_18225792.jpg
▲デカルチャカスタム作例:AMCZ

f0395912_18230730.jpg
f0395912_18231176.jpg
f0395912_18230021.jpg
▲デカルチャカスタム作例:大久保陽奈






みなさんの様々な「デカルチャ」楽しみにしています。
今週末ホビーショップで見かけましたら、どう組み立てようか妄想してみてください〜


商品名:PLAMAX MF-33 minimum factory サヨナラノツバサセット ~blanches~
    PLAMAX MF-34 minimum factory サヨナラノツバサセット ~noires~
作品名:劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~
価 格:各 4,630円 +税
仕 様:PS組み立て式プラスチックモデル・1/20スケール・専用台座付属・瞳デカール付属・全高:約90mm
原 型:シェリル:カイTK/ランカ:KaNA(Daisy Bell)
※掲載の写真は実際の商品とは多少異なる場合があります。

©2011 BIGWEST/MACROSS F PROJECT



by plamax | 2019-07-04 13:11 | minimum factory