……失礼しました、パッケージのラフ画像が出てしまいました(熱盛のテンションで)。

こんばんはたかく上等兵です。
みなさんPLAMAXのワタルシリーズ作ってますか!?

▲はい、戦神丸

▲こちらが龍神丸

どちらもスタイリングに自信あり!なプラスチックモデルなので
まだだよ〜という方は組んでみてください。

んで!本日予約開始となりました新作、邪虎丸ですよ!!


▲ババーン

ワタルシリーズ3作目にして最大のボリュームを誇る邪虎丸、
原型担当の松宮にインタビューしたところ
「脚に引き出し式のL字型フレームを内蔵しました!」とのこと
これによりいままでの2体よりも足首の接地性が向上し
ビシっと開脚したかっこいいポーズがとれるようになっているんです!

▲タイガーソードとタイガーシールドもバッチリ再現。顔もかっこいいぞ!

さらに、肘にはボールジョイントを内蔵。
可動と組みやすさ(&塗装のしやすさ)を両立しております。

▲肘に注目!ぐにぐに曲がりそうな尻尾の造形もいい感じです(可動は根本だけ)

そしてもちろん、猛虎形態への変形も一部差し替えで再現!
これまたド迫力の完成度でございますよ。
チェンジ・タイガー!

▲その迫力はバースと掛布と岡田の三連続バックスクリーン本塁打レベル

胴体が前方に90度回転して猛虎形態になるというギミックですが、
どちらの形態でもかっこよくまとめつつ、ユニット内部がスカスカに見えない設計は
松宮(設計担当)本人も「オレ、天才だからね!」と自画自賛する会心の出来。
パッケージイラストは近日公開いたします……。

みなさん、今すぐに予約してくださいね!!

PLAMAX MS-03 邪虎丸

TVアニメ『魔神英雄伝ワタル』よりライバル虎王の操る虎型魔神「邪虎丸」の登場です。ショルダーアーマー、タイガーウィングなどボリューム感あふれるパーツで構成された迫力のシルエットを再現。また一部パーツの差し替えにより猛虎形態への変形を再現しました。
接着剤を使用しないスナップフィットモデル。
各関節にはポリキャップを使用。
タイガーソード、タイガーシールドが付属。
剣持ち手、開き手が付属。
一部カラーリングの再現にはホイルシールを採用。
一部パーツ差し替えで猛虎形態へ変形可能。

■価格
2,963円 +税
■発売時期
2018/01
■仕様
ABS&PS&PE組み立て式プラスチックモデル・ホイルシール付属・ノンスケール
全高:約80mm
■原型制作
マックスファクトリー(松宮誠一)
■撮影
スタジオR
■発売元
マックスファクトリー
■販売元
グッドスマイルカンパニー

©SUNRISE・R

[PR]
by plamax | 2017-09-20 18:49

こんにちは清水大将です!

本日はいよいよコンバットアーマーミーティング各賞の結果発表です!!
まず今回審査を担当しました審査員の皆さんをご紹介。

・天神英貴さん(COMBAT ARMORS MAXパッケージイラスト担当)
・やまだたかひろさん(COMBAT ARMORS MAX 設定デザイン担当)
・MAX渡辺
・サンライズ
・イエローサブマリン
・マックスファクトリー

まず各賞は審査員全員による得票で決まった金賞、銀賞、銅賞の三賞と各審査員がそれぞれ選定した特別賞の計9賞になります。

ではいよいよ発表です!皆さん準備はよろしいでしょうかっ!!

まずは審査員特別賞から!!


【イエローサブマリン賞】ふみてしさん/冬季迷彩
三色迷彩とベースのジオラマで世界観を表現しているところがインパクトになっていると感じました。
スケール的にパイロットの存在が大きいダグラムシリーズとして、肩に男らしくたっているフィギュアも「あぶないなぁ」と思いつつも素敵だと思いました。(イエローサブマリン)


【マックスファクトリー賞】なりさん/ソルティック H8RF コーチマSpl 2号機
コーチマSplのスタイルを損なうことなく、うまく増加装甲などのディテールを足していくことでで更にカッコよさが倍増していると思います。作品コメントにあったように楽しんで作っている感があふれていて、開発側としてすごくうれしくなった作品でした。(マックスファクトリー)


【サンライズ賞】えぬせさん/鉄の軍靴
とても丁寧で、堅実な作風に好感を覚えました。
コンバットアーマーらしさ、現実にある兵器らしさがカッコイイですね。
この雰囲気で他のCAも見てみたい!(サンライズ)


【MAX渡辺賞】宝美堂さん/サバロフ・ニコラエフ
オリジナルデザインを尊重しつつも、独自の解釈、感性を入れて組み上げられたフォルムがとても新鮮で面白い🎶流用パーツの使い方も上手くて、「こういう解像度の上げ方もあるのか」と良い刺激をいただきました🎶(MAX渡辺)


【やまだたかひろ賞】みつなりさん/ダグラム・デザートタイプ
広い意味で塗装も改造だと考えておりますので、好例な作品だと思います。
塗装のセンスや技術が素敵です。
当時の雰囲気も思い出し懐かしく感じました。
僕もトライしてみたいですっ!(やまだたかひろ)

【天神英貴賞】にーるさんさん/ラウンドフェイサー トレーナー
ラウンドフェイサートレーナー。渋い作品も多い中こちらを選定させていただきました。
教習用という伝統的な色使いですが、やはりこの色使いはグッと来ますね。黄色でも重機を感じさせる仕上げは、容易にその大きさや硬さや冷たさを認識することが出来ました。また肩防護版のグリップや足先のバンパーの質感にグッと来ます。何かトレーニング中であろう小物や教官があれば更に世界が広がりそうです。(天神英貴)

続いていよいよ総合得票から選定された三賞です!!


【銅賞】いそじマさん/改造ネイティブダンサー


【銀賞】MoKaMoNaさん/H8A2


そして栄えある金賞は!!


【金賞】joe joeさん/ブッシュマン


受賞の皆さん、おめでとうございます!!また今回賞に選ばれなかった皆さんの作品もすべて力作ぞろいで本当に素晴らしい作品ばかりでした、ありがとうございました!!
各審査員の皆さんからも今回のコンバットアーマーミーティング参加の皆さんにコメントをいただいてますのでご紹介します。

天神英貴さん
まずは皆様、ご応募本当にありがとうございます。それぞれ意欲的なスクラッチものもあればキットを丁寧に仕上げたものもあり、選定はとても楽しいものでした!どこに判断基準を置くかで、それぞれの評価もかなり変わってくると思います。また機会があれば、人間がもっと絡んだ作品も見てみたいですね。プラマックスさん是非よろしくお願いします!

やまだたかひろさん
半艶や艶消しのボディに光るキャノピーがコンバットアーマーの魅力だと再認識しました。ご応募してくださった皆様のおかげで、一堂に揃ったマックスファクトリーさんのダグラム プラモデルシリーズに感慨無量です。これからも楽しんでいただけると嬉しいです。

サンライズ
皆さんの熱い作例を堪能しました。
ありがとうございます!
1981年に放送された「太陽の牙ダグラム」 は、プラモデルと親和性の高いアニメーションです。
ぜひ一緒に楽しんでみてください。

イエローサブマリン
今回、ホビーショー等のイベントと重なったこともあり、作品数としてはやや少ないコンテストとなりましたが作品のクオリティーはとても高く、参加者それぞれのダグラム愛を感じるものばかりでした。
他のキャラクタープラモデル以上に主役機以外での参加割合が多く、またキレイなロボット?が全然なくて、様々な汚しテクニックが施されたものがほとんどでした。ダグラムの世界観全体がファンに親しまれていることを、コンテストを通して改めて実感いたしました。

MAX渡辺
PLAMAX コンバットアーマーMAXもラインナップが充実して来て、作れるシーンの幅もグイグイと広がってまいりました♪こじんまりと、だけど楽しいコンテストなミーティング♪お楽しみはコレから‼️
ですね♪

参加の皆さん、ありがとうございました!!
またぜひ第二回コンバットアーマーミーティングでお会いしましょう!!


[PR]
by plamax | 2017-05-27 18:51

こんにちは清水大将です!
本日はイエローサブマリン秋葉原本店☆ミントで開催されたCOMBAT ARMORS MAXだけの模型コンテスト「コンバットアーマーミーティング」の全作品をババンとご紹介!!

今回のコンテストはとにかくマックスファクトリーのダグラムシリーズをみんなで作ってみようというもの。劇中再現ありオリジナルカスタムありとバリエーション豊かな力作が集まりました!

ぜひ気に入った作品は#CAコンのハッシュタグ付きで褒めて下さい!
みんな幸せになれます!!
では全21作品をご紹介です!!


■なりさん/ソルティック H8RF コーチマSpl 2号機
「武器増し、装甲増しで楽しく作ることが出来ました。」


■みつなりさん/ダグラム・デザートタイプ
「タカラのキットの取説に載っていた大河原先生のオリジナルカラーを参考に。」


■ヤンマーさん/ヘイスティ
「チッピングが途中で力尽きた…。でも丁度いい塩梅になったかと。」


■あきらっちさん/Xネブラ対応ブロックヘッド
「特にありません。」


■Dolaさん/カラフルソルティック
「他の方とカラーが絶対かぶらない様な配色にしました。初めて色の源を使ってイメージ通りに仕上がりました。」


■かぼちゃ王子さん/ヤクト・ダグラム
「迷彩“塗装”は怖いです(苦笑)」


■えぬせさん/鉄の軍靴
「スケールモデル的記号を盛り込んでみました。戦後世代、頑張りました!!」


■MoKaMoNaさん/H8A2
「本キットはスタイルがいいため腹部で2ミリ幅つめして設定画のようなずんぐち体型に。ヘアスプレー剥がしをやりましたがウォッシングで効果が薄れました。」


■角田貴介さん/ダグラム
「フツーですいません。」


■川野輝道さん/2連装対空砲ザック装着タイプ ダグラム
「Max Factory
タカラ
コトブキヤ
の三社コラボです。」


■いそじマさん/改造ネイティブダンサー
「みんな大好きネイティブダンサーをちこっと改造しました!!」


■ふみてしさん/冬季迷彩
「3色迷彩後に白で冬季迷彩を。周囲はそれらしく雪の情景としました。」


■金色の獅子さん/アイアンフット ヘイスティ
「組む→バラす→ぬる→組むという工程が楽しいキットでした。アクリジョンのメタリックがきれいだったので使いました。」


■ゆーじーさん/アイアンフット ヘイスティ
「キットが良く出来ているので塗装が楽しかったです。合せ目消しをちょっと頑張りました。」


■シラトリさん/ヘイスティ
「ドストレートです。」


■にーるさんさん/朽ちたダグラム
「やっぱダグラムゆーたらこれでしょ。」


■にーるさんさん/ラウンドフェイサー トレーナー
「大河原カラーバリエーションより(ウソ)」


■宝美堂さん/サバロフ・ニコラエフ
「ブロックヘッドベースの1/48ニコラエフです。上半身はブロックヘッドのフレームを使ってヒコーキのパーツを組合わせて作っています。」


■joe joeさん/ブッシュマン
「ネイティブダンサーをやられ役に、ブッシュマンを作ってみました。マッケレル楽しみです。」


■裁鬼(さばき)さん/Tik-Tok GANG
「海外のイラストレーターGareth Davies氏の描いたロボットをモチーフにしました。楽しく作れました。」


■ごましおさん/おそうじ
「砂漠、山岳戦も行うと聞いたので、アルペンカモフラージュを意識した模ようにしてみました。戦闘していても時には整備を行うかなと思い“おそうじ”にしました。」


全21作品いかがでしたでしょうか?

明日の5/27にはいよいよ結果発表です!!是非お店に足を運んで見て下さい!
次回ブログでも結果の方は発表しますのでお楽しみに!!

[PR]
by plamax | 2017-05-26 18:52




イエローサブマリン秋葉原本店☆ミント様にて開催された
映画「パシフィック・リム」に登場するロボ”イェーガー”の立体を楽しむ作品コンテスト
JGコン -Jaeger Model Contest-のエントリー作品を一挙に紹介しちゃいます!

PLAMAXのジプシー・デンジャー&チェルノ・アルファはもちろん。
あなたの思い描く自分だけの”イェーガー”を作って下さい!!
というテーマで募集した作品たち全17点をお見せします。
マックスファクトリースタッフもシレッと作っているのを含め、
参加したみなさんがどんなカスタムをしたのかぜひともご覧ください!

気に入った作品があればぜひとも「#JGコン」のハッシュタグを付けて
ツイッターなどでホメてください(作った人が喜びます)。



■ジプシー・アーミー/清水大将(マックスファクトリー)
「開発中から自分でもちゃんと作りたくて仕方なかったジプシー・デンジャー、ようやく作りました!!」



■チェルノ・アルファ/みみぶくろさん
「素組み、汚し塗装のみで仕上げてみました。スピードモデリング!!」



■ジプシー アンカレッジver/もっさん(グッスマ企画部)
映画冒頭、アンカレッジ沖での激戦を再現したかったのでいい。ダメージ表現楽しかったです。



■チェルノ・アルファ3号機/東 剛士



■チェルノ・アルファ/MAX渡辺
「カンタンフィニッシュでチェルノ・アルファ!成型色に汚しのみです!」



■チェルノ・アルファ/MAX渡辺
「たまにはこんなカラーのチェルノも!オレンジで決めてみました!!」



■Go on! Lidths/Jayさん
「MAX渡辺先生のツイッターを参考に作りました。ウェザリングが楽しいキットでした。」



■こいつをぶつける!/ハスキーさん
「秋葉原工作室で素組みで遊んでたら生まれました。ミサイルをつかむために右手親指だけ自作です。」



■クリーチャー風ジプシー/里さん
「プラモ処女をジプシーに捧げられて感無量です。デル・トロ監督リスペクトで塗装しました。」



■ジプシー・デンジャー/秋葉原工作室さん
「剥がしすぎた・・・。」



■ヘイスタック・カルホーン1/220スケール/Anthonyさん
「50個の星、頑張りました。左肩うしろのボタンを押すと歌って踊って暴れます。よろしければお試しを・・・。」



■チェルノ・アルファ2P/AISHIさん
「2Pカラーっぽく赤くしてみました。肩パーツは不良のため使用不可のためジャンクで作りました。それ以外はほぼ素組です。製作期間約3日。」



■GIGANT MARTIAN/宝美堂さん
「レトロっぽい『ロボット』として作りました。S.W.や海外キットなど、日本的でないパーツを使っています。ニューギニア製。製作期間1日。」



■サボテン・ブラザー/joejoeさん
「南米製のイェーガー。メキシコの帽子ソンブレロとポンチョ、サボテンをモチーフに作りました。」



■KAIJU迷彩/joejoeさん
「KAIJUに仲間と誤認させる事を目的とした迷彩。西側味方機からの誤射が相次ぎ廃止された・・・。とか妄想しながら塗りました。」



■ジプシー・デンジャーZ/田中宏明さん
「スーパーロボット感と超合金感をプラスしたグロス仕上げ。胸に背中のパーツを付けてブレストファイヤー!!っぽく。」



■ロシアンイェーガー/竹下帰還兵(マックスファクトリー)
1/350の大きさを表現したく、以前作ってた宇宙船の作り方をまんまつぎこみました。


……というわけで、結果発表は明日(25日)、イエローサブマリン秋葉原本店☆ミント様にて!
ぜひ現物を見に行ってくださいね。ではでは!
[PR]
by plamax | 2017-03-24 18:53