人気ブログランキング |

f0395912_16031996.jpg


コンバットアーマーズマックスの最新作「アビテート T10B ブロックヘッド 強化型ザック装着タイプ」が遂に店頭に並びました! 上の写真を見て「メインカットなのに背中かい!!」と思ったそこのあなた!!! そう、このキットは背中で語るコンバットアーマーシリーズ
コンバットアーマー バリエーション」
の最新作なのです!!!! メカニックデザイナー大河原邦男氏が今まで描いてきた数々の「コンバットアーマー(以下CBアーマー)」の中にはTV本編には登場しないモデルも数多く存在しました。それらは非常に魅力的なデザインで、ダグラムの世界をさらに楽しめるものばかり。それをマックスファクトリーのコンバットアーマーズマックスでキット化したのがこの「コンバットアーマー バリエーション」なのです!!!(←長い!!!!)
こちら「アビテート T10B ブロックヘッド 強化型ザック装着タイプ」の魅力を、これまでのダグラムのキットレビューを担当してくれたけんたろうの視点でお届けします!!
f0395912_16004677.jpg
こんにちは。けんたろうです。ついに来た! 背中のラッチを開放するときが……。マックスファクトリー製のダグラムシリーズは、背中に一定のポリキャップを仕込む方式になっています。ソルティックなら24部隊版でそこにザックがつきます。ブッシュマンも幅が同じなので、これを流用できるのはブッシュマン回で紹介したとおりですね。ダグラムならターボザックや対空ザックをつけることができます。さて、ブロックヘッドは……。
f0395912_17072971.jpg
当時組んだときに私でも?が頭に浮かんだのがブロックヘッドの背中のラッチです。24部隊ザックは小さすぎる。しかし私は甘かった。マックスファクトリーを見誤っていた。まさかザック装備のブロックヘッドがキットになろうとは……。
f0395912_17063084.jpg
まず箱を開けてびっくり。白いランナーが銀に変更されていることです。当時のイラストや完成品であるデュアルモデルでも採用されることのあった「ダグラムメカの白は明るい銀色」、をリスペクトした色です。赤と銀色の組み合わせ、これは似合うのだろうか、すでに組んで知ってるプラモが成型色を変えるだけでワクワクドキドキできるのだから効果は抜群です。
f0395912_17063107.jpg
パイロットまで銀色じゃないか!

f0395912_17062922.jpg
相変わらず頭部の構造は見どころです。変わらないけどまた紹介したくなる。おっと、バイザーの色は変更されていますね、グラサンっぽいスモークグレーから青に変わりました。
f0395912_17071177.jpg
腕まで組むといよいよ成型色変更の味がわかってきます。これが案外似合っている。味変に成功ってやつですかね。こうなるとアイアンフットの白も銀にしてみたくなるから不思議です。この白銀の互換性の法則、どのロボまで通用するか気になってきます。アゾルバぐらいまで?(突然のガリアン)
f0395912_17071302.jpg
そして強化型ザックにいきます。シンプルですがなるべく合わせ目が目立たないように、そしてディテールもしっかりとしています。ブロックヘッドの強化ポイントは両肩から出るミサイルですね。ソルティックやヤクトダグラムのように対空対地に細かく対応できるように、そして継続して戦える量も確保されています。おお、これが北極ポートに配備されなくてよかったですねえ……。
f0395912_17073014.jpg
ちなみに、ボックスミサイルも付属するので、調子に乗ってつけてしまっていますが、実際には外します。まあミサイルポッドとミサイルポッドがかぶってしまいますからね。あまったのはマグランチャーとかに懸架してもかっこよいかも。
f0395912_17073186.jpg
f0395912_17072927.jpg
ちなみにザックをブロックヘッドに組み込もうとすると恐ろしいことに気が付きます。ザックと背中の間に1枚接続パーツをはさむ仕様になっていることです。つまりこの1枚を変えれば、他のコンバットアーマーでもこのブロックヘッドのザックを使えるってことじゃないですか……! つまりブッシュマンにこのザックを……。厳密には中央のダボとかも変える必要があるので、ある程度加工がありそうですが。

この武装の典拠となるのは放送当時発行されていたデュアルマガジンです。先に発売されたダグラム対空武装強化型ザックもここに発表されたバリエーションでした。しかしまさかここに来て初のキット化となるとは。いよいよマックスファクトリーはタカラと違う道を歩き始めるわけです。タカラも大概ダグラムに関しては発売していたわけですが、その版図の外に新しい、偉大な一歩を踏み出すのです。
f0395912_10545852.jpg
二足歩行タイプのコンバットアーマーはすべて立体化した、これからは多脚型、とクラブガンナー商品化で思わせておいて、まだまだ二足歩行型も盛り上がっていくぞ、そんな狼煙となるのがこのブロックヘッド強化型ザックです。さあ、みんなでいっしょにこの後の二足歩行コンバットアーマーバリエーションも楽しんでいこうじゃありませんか!!
f0395912_17074016.jpg
f0395912_18361759.jpg
▲ライター/けんたろう 連載のナビゲーターを務めるけんたろう。仕事が依頼されれば各模型誌を渡り歩く、媒体の壁など気にしないお兄さん。ダグラムとの出会いは、テレビ埼玉でやっていた再放送。"登場人物がだいたい上裸"、"整備をしないと動かない"、"局地戦闘型に主人公主役メカ大苦戦"というやたらとハードな物語にびっくり!!。『ガンダム』とはまた違った魅力にやられる……



f0395912_17285227.png


©SUNRISE


# by plamax | 2019-11-08 11:40 | COMBAT ARMORS MAX

f0395912_10483401.jpg
シリーズ5周年を記念して、遂に一挙13種が再生産された「COMBAT ARMORS MAX」!!! 月刊ホビージャパンとマックスファクトリーの共同企画「ダグラムコンペ」詳細はhttps://hjcompe.jp/まで!!
の開催も決定しさらにコンバットアーマーズマックスシリーズを楽しめる今!!! ぜひ店頭でキットを手に取ってみてください。そしてあなただけの作品でダグラムコンペに参加してみてください!!!

再生産に合わせてスタートしたキットレビュー連載の10回目!! 今回のお題は「アビテート F35C ブリザードガンナー」です。ついにコンバットアーマーズマックスにラインナップされた多脚CBアーマーの魅力をたっぷりお届けします。今回もナビゲーターは、各模型雑誌で大活躍のライター「けんたろう」が務めます!
f0395912_11442764.jpg
ダグラムの物語後半、舞台は寒冷地へと進んでいきます。上裸の太陽の牙の面々も、ただ一人を除いて防寒服を着るほどの舞台転換です。雪上での戦闘に対応するため、コンバットアーマーも変化してきます。前に紹介したビッグフットのように、4脚タイプでも寒冷地戦特化のコンバットアーマーが登場します。それがブリザードガンナーです。
f0395912_11443792.jpg
アメンボかのような長い脚、平たく低いボディから突き出た砲身。劇中では深い雪のなかから突然現れ、解放軍を急襲します。長い足を使いボディを高くして攻撃を避け、雪上に対応した脚の機動力にものを言わせ撹乱、そして去っていく……。
マックスファクトリーのコンバットアーマーシリーズとしては初の4脚タイプの発売ということもあって、私もすごく期待していたのがこのブリザードガンナーです。胴体のフォルムの再現度やアニメでの動きの再現はどうか、そして成型色は……。
f0395912_11361578.jpg
ということでむしるようにビニールを取り除いて、パーツを見てみましょう。最初に切るのはコックピットですが、よく見てください。かなりディテール豊かになっています。完成後はハッチから覗けるだけなのがもったいない!!
f0395912_11355923.jpg
胴体は上下分割です。コックピットや接続用のポリキャップやらを組み込んで合体すると、なにか未来のクルマのようなシュッとしたフォルムになります。面白いのはここからステーやタンクなど付加物をくっつけていくと、いかにもな’80s大河原メカに早変わりすることです。
f0395912_11362975.jpg
f0395912_11363052.jpg
話は逸れるのですがこういう構造ってT-90のプラモデルでも感じたことです。あの爆発反応装甲が一切ない砲塔から、パーツを付加することでいかにもなロシア戦車になっていく。F1も似たような部分があります。モノコックは必ず人が入るから、安全基準もあってカタチはほとんど近い。でもノーズが個性になり、ウイングがそのものになっていく。こうしたコアの部分からそのものの個性となるパーツを付加していくっていう体験はまさにプラモデルならではですよね。
f0395912_11362797.jpg
f0395912_11362998.jpg
f0395912_11364734.jpg
f0395912_11370569.jpg
さて脚は徹底的に×4の世界です。大盛りのごはんを食べるときのコツは、とにかくかっこむこと。おらおら~って組みます。それが4倍であると思わないでガンガン組んでれば、ほらあっという間に4本できちゃいますよ。
f0395912_11370413.jpg
f0395912_11371609.jpg
ということで脚を本体に取り付ければ完成です。脚は可動部位の役割がはっきりしているので、ふにゃふにゃで立てないということもありません。車高が低いほうが好みですか? それとも高いほうが? 自在に調整してください。
f0395912_11371745.jpg
"ブリザードガンナーの性能試験では、なんと二足歩行のデモンストレーションも行われた。多脚型も2足歩行型に負けない、ということを証明したのである。ただしこれはプログラムにはないテストパイロットの独断行動であり、開発陣が「四足歩行になりそう」なほどの衝撃を受けた"
ウソです。よく動くしバランスがよいので楽しくなって立った写真とっちゃっただけです。
f0395912_11443633.jpg
f0395912_11370777.jpg
f0395912_11370761.jpg
それと、忘れちゃいけないのがフィギュアです。今回はブリザードガンナー用に、ハッチから身を出す戦車兵のようなタイプになっています。ふたりとも違うポーズですよ。フィギュアがいるとそこにストーリーが生まれる。コンバットアーマーズマックスシリーズの魅力ですね~。
f0395912_11371512.jpg
f0395912_11371410.jpg
グイグイ動かしてるだけで楽しいブリザードガンナー。やっぱりコンバットアーマーはツーマンセルだよね、という感じで2機目も欲しくなるのが心情、というか買ってしまったのが私です。みなさまも北極ポートの激闘を楽しんでくださいまし。
f0395912_14152034.jpg
▲ライター/けんたろう 連載のナビゲーターを務めるけんたろう。仕事が依頼されれば各模型誌を渡り歩く、媒体の壁など気にしないお兄さん。ダグラムとの出会いは、テレビ埼玉でやっていた再放送。"登場人物がだいたい上裸"、"整備をしないと動かない"、"局地戦闘型に主人公主役メカ大苦戦"というやたらとハードな物語にびっくり!!。『ガンダム』とはまた違った魅力にやられる……

そしてこの記事を読んでいるそこのあなた!!!
月刊ホビージャパン誌にてダグラムコンペも開催中です!!! 締め切りはなんと
2019年12月1日!!!
みんなで一緒に楽しみましょう!! これ機会にダグラムの世界に浸ってみませんか!? 正解なんてない!!! あなたが作った模型が真実!!
ダグラムコンペで大暴れしましょう!!!!!!
f0395912_17285227.png
次回予告

アビテート T10B ブロックヘッド 強化型ザック装着タイプ

f0395912_10545852.jpg
Not Even Justice,I Want To Get Truth.
真実は見えるか


©SUNRISE




# by plamax | 2019-11-06 11:02 | COMBAT ARMORS MAX

ーーコンバットアーマーバリエーションとは!?ーー

 メカニックデザイナー大河原邦男氏が今まで描いてきた数々の「コンバットアーマー(以下CBアーマー)」
その中にはTV本編には登場しないモデルも数多く存在します。
それら魅力的な機体を「コンバットアーマー バリエーション」と題し、
マックスファクトリー製 1/72スケールプラモ「COMBAT ARMORS MAX」のラインナップに加えました。


f0395912_17142289.jpg


基本出力の向上と火力強化が目的
大口径マグランチャーは弾数×4と少ないが使用後は切り離せる

当時こういう設定を見るのってワクワクしましたよね!
デュアルマガジンを開くと掲載されているわけですよモデラーの作例とともに!
f0395912_18134695.jpg
本体は1.5mmと0.3mmプラ板の貼り合わせ
ランチャー部はプラ棒とプラ板で自作

夢見る少年たちは模型屋でプラ板やプラ棒を買ってきてはチャレンジして出来上がるものは理想とはかけ離れたナニか、それでも自作した唯一無二の強化ザックを装備した自分のCBアーマーは強くなったと満足するのです。
あれから40年近い年月が経過した令和元年、マックスファクトリーの「CBアーマー バリエーション」では夢見た少年たちを応援致します、後押し致します!



そんな「CBアーマー バリエーション」第3弾として
ソルティック H8 ラウンドフェイサー 強化型ザック装着タイプ」のご予約をスタートしました。



ソルティック H8 ラウンドフェイサー 強化型ザック装着タイプ」にはラウンドフェイサー本体に加えて、2連装大口径マグランチャーを装備した強化ザックが付属します。
f0395912_18134709.jpg




マグランチャーは左右どちらにも装備可能、そしてそのマウントにはラウンドフェイサー用ミサイルポッドも装備可能なので様々なパターンを選択できます。
f0395912_17251623.jpg
f0395912_17251694.jpg
また、ご覧の通りボーナスパーツとして9連装ミサイルポッドのパーツが付属、選択の幅が広がります。


キットを2つ購入すれば大口径マグランチャーをダブルで装備することも可能!
f0395912_18360582.jpg
▲めっちゃ強そう!




成型色は渋めのオリーブグリーンシルバーをメインに大河原邦男氏のイラストに近いテイストを狙います。
f0395912_18180869.jpg
※画像は塗装モデルによるイメージです




クリアパーツも対空ダグラム同様クリアブラウン、もちろんフレームは塗装済みです!
f0395912_18180834.jpg
※画像は塗装モデルによるイメージです





少年たちの夢を実現させていく「CBアーマー バリエーション」シリーズは始まったばかり、どんなバリエーションが欲しいか、どんな夢を見ていたのか、ぜひお聞かせください!
または現在発売中のキットを元にして思い描く強化ザックや追加装備、現地改修等々思い思いの改造をしてみてください!
ちょうど今は月刊ホビージャパン誌にてダグラムコンペも開催中ですのでみんなで一緒に楽しみましょう!!

f0395912_17285227.png




商品名:COMBAT ARMORS MAX18 1/72 Scale ソルティック H8 ラウンドフェイサー 強化型ザック装着タイプ
作品名:太陽の牙ダグラム
価 格:4,800円 +税
発売時期:2020/03
仕 様:PS&PE組み立て式プラスチックモデル・1/72スケール・水転写デカール付属・全高:約140mm
原型制作:ノリモータース
制作協力:YAS
※掲載の写真は実際の商品とは多少異なる場合があります。

©SUNRISE



# by plamax | 2019-10-29 16:51 | COMBAT ARMORS MAX

f0395912_18131237.jpg

ドーン!全長70cmオーバーのバルキリーが来たぞ!!
お値段19,800円(えーっ!)
ということでこんにちは。でっかいバルキリー開発担当のたかく上等兵です。

ガウォーク、スーパー/ストライクと続けて発売してきたMFシリーズの1/20VF-1シリーズですが、
ついに、とうとう、ノーマルファイターの予約開始日を迎えましたよ。
ものすごい速度で購入リンクを張っておきますね!!!


購入はこちら!!




f0395912_18161892.jpg
▲先日の『マクロスモデラーズ』生放送でのひとコマ。サイズ感、伝わりますかね。


さて、上でお見せしたサンプルは当ブログでもおなじみ、流浪のモデラーけんたろう氏に組んでもらったもの。
塗装なし、パチ組み&シールにスミ入れでドドーンと完成させたものなんです。
サクッと完成させてこの迫力ですから、ウェザリングしたりアクセスパネルの中身作ったりしたくなるよね。俺はなる。

で、けんたろう氏がこのテストショットを引き取りに弊社オフィスを訪れたときの写真をなんとなく撮影しておいたら
これがおもしろかったので皆さんにも見てもらいたいんですよ。
のぞみるかわいい!のあとにけんたろう氏が連続しますが、まあそこはそれです。


f0395912_18191252.jpg
▲イーグルなのかシャークなのかパンサーなのか。


まずは全ランナーを渡し忘れないように机に陳列(これは全日本模型ホビーショー直前だったので、パーツの漏れがあると大ピンチだったのだ)。だいたい畳1畳半くらいあれば全パーツが並べられる感じですね。
他社さんのゴージャスなロボットモデルだと総面積はこれを上回ったりしますから、結構常識的なボリュームだと言えるでしょう。置き場がないなんて言わせないんだぜ……。


f0395912_18212653.jpg
▲おもしろそうなパーツをピックアップしてもらった。


けんたろう氏が持っているのは尾翼のパーツ(ガウォークやスーパー/ストライクファイターでは折りたたまれた状態のものが付属していたので、展開状態のは今回のファイターのための新金型となります)。左右の尾翼の内側の面が、機体尾部上面と一体化されています。

これに外側の面を左右それぞれ貼り付けることで尾翼が完成。接着面積をしっかりと稼ぎながら、左右対称に角度がビシッと決まる設計となっています。大きいからこそ、こういうところでしっかりと剛性を出し、サクサク組める楽しさを追求していますよ!


f0395912_18240095.jpg
▲あ、これに尾翼の外側を貼るのね!というけんたろう氏。


f0395912_18242558.jpg
▲セクシーな曲面ですねここ!(けんたろう談)


これは胴体後半部から尾部にかけての上面(バトロイド時にバックパックになるとこ)のパーツです。両者をスムーズにつなぎつつ、脚部との密着感を出すためにはVF-1バルキリーのなかでも造形が難しい場所なんです。従来のVF-1キットたちと見比べてみてください!


f0395912_18293008.jpg
▲このへんの断面形に、各社VF-1の個性が出るのだ。


f0395912_18301901.jpg
▲このパーツ、組んだら見えませんよね!?


バトロイド時にバックパック下端となる部分(胴体と尾部の割れ目)を塞ぐ板のパーツに興奮するけんたろう氏。そう、組み上がったら見えなくなるところは極力省略している本キットなのですが、そこに網目状のディテールが入っていることに驚いているわけです。

このへんは普通に組んでもいいんですが、例えば複数買って改造しちゃうマンのみなさまにとってはボーナスパーツとなるのではないでしょうか!!


f0395912_18320885.jpg
▲ほら!網目ディテールが入ってる!見えないのに!


f0395912_18323055.jpg
▲脚が!腕!!


訳)脚の長さが僕の腕ほどもあり、驚くべきことだなぁ。

はい、機体全体を支える着陸脚が取り付けられ、胴体の重量を受けるインテーク〜エンジンブロックは左右それぞれ2パーツで構成。こちらも「全体の形状を一気に出せる組み立ての快感」「完成後の剛性が高い」というのを両立するための本キットの特徴。

エンジンノズルや膝裏の蛇腹部分などのパーツはあとから取り付ける設計となっていますが、合わせ目も目立たないところにあるし、とにかくズバーっとパーツを切り出してガバーっと組めば一気にバルキリーの形が見えてくる!というのがこのプラモの楽しいところなんです。


f0395912_18355981.jpg
▲胴体のパーツデカいwwww(それは知ってた)


f0395912_18361759.jpg
▲キャノピーがwww透明wwww


はい、このVF-1のプラモ、おそらく世界で初めて「バブルキャノピーなのにてっぺんにパーティングラインが入っていない」というパーツを実現しています。

どういうことかといいますと、前から見て「Ω」の形をしたキャノピーというのは金型の都合で上下に抜くことができないので(「∩」の形ならなんとか抜けるのですが……)スライド金型を使ってキャノピー内側を「∩」(下方に金型が開く)、キャノピー外側を「←Ω→」(左右に金型が開く)の形状とすることが常識とされてきました。

そうするとキャノピー外側の頂点、ちょうど中心に金型が合わさったライン(=パーティングライン)ができてしまい、これをヤスリとかコンパウンドを使って消すという作業が求められるのでした……。詳しくはホビーリンクジャパンさんのサイト上でけんたろう氏が書いたこの記事を参照のこと!


f0395912_18440588.jpg
▲パーティングラインがないんですよね〜〜


しかし、今回のVF-1ではちょっとしたアイディアで克服。断面を「Ω」の形にしつつ、パーティングラインの走らないパーツを実現しました。どうなっているのかは製品を買って確かめてください!


f0395912_18443176.jpg
▲このへんがキャノピーのフレーム!


キャノピーの塗り分け、しんどいですよね!(小○製薬)
ということで、1/20という大スケールを活かし、本キットではキャノピーの透明部分とフレーム部分を別パーツ化。透明パーツと黒いフレームを組み合わせることで、「塗り分けなくてもコクピット周りがきれいに完成する!」というのが特徴です。

設計も製造もなかなか良い精度でまとまったため、接着しなくてもビシーッとツライチになりますよ!


f0395912_18465901.jpg
▲ノーズが左右割りじゃないんだ!


飛行機モデルはどうしても左右に張り合わせてその接合ラインをヤスリでキレイキレイにする……というイメージがありますが、本キットではその作業も最小限になるよう設計を練り込んでいます。

特にノーズ部分はアンチグレアの黒とコクピット前方の白い部分、そしてアンテナが収まっているであろうレドームがそれぞれ輪切りになっており、前後方向に重ね合わせていくだけで形状が完成するようにしてあります。全体で見ても、左右パーツの合わせ目が胴体上面に見える箇所はコクピットの前方と後方、合わせて2cmくらいの区間に抑えてありますので、(1mくらい離れたら見えなくなりますけど)気になる方は工作してみてください。


f0395912_18535772.jpg
▲えっこれ超立体的じゃないですか!


1/20 VF-1ファイターのなかでも白眉なのがこの客収納庫まわりの造形。飛行機モデルって「飛行機のカタチになった〜!」って思ってから、小さいアンテナ付けたり着陸脚付けたり脚収納庫の扉を付けたり……と細かい作業の連続で、「飛行機のカタチになったのに完成までめっちゃ時間かかるなオイ……」と思うことがしばしば。しかも左右の角度を揃えたり小さな接着面積でどうにかしなければいけなかったりと、いろいろ気を使います。

本作では思い切って脚収納庫と脚庫扉を一体成型しちゃいました。これをノーズとエンジンブロック下面に開いた穴にガボンと差し込めば一気に扉まで組み立てたことになります。このパーツは本当に内部のディテールも含めてエキサイティングなことになっていますから、ぜひとも試してみてください。みんなも「うわー!世の中の飛行機モデル全部こうなってればいいのに!」と思うこと必至です。


f0395912_18524283.jpg
▲スーッて入りますねこれ!!!


全長70cmの巨体を支える着陸脚は艦載機らしく太めのゴツめ(&タイヤ大きめ)で再現。さらに角度をビシッと決めつつ強度をバシッと出すため、脚柱の中心部に設けられた穴に同梱の金属シャフトを差し込む仕様となっています。

このシャフトは強度を確保しつつ、着陸時に伸縮するオレオ(緩衝装置)の部分がギラリと光るという演出も兼ねています。
(プラパーツの精度を出すために不要部分がありますので、説明書を参照して切り取ってください。)


f0395912_19000326.jpg
▲右のほうに金属シャフトがチラリと見えますな!


f0395912_19021913.jpg
▲ほな、作ってきますわ〜〜!!


この後でけんたろう氏はストレート組み&スミ入れ、シール貼り&トップコートをわずか3日で完走し、全日本模型ホビーショーでの展示にも間に合いましたとさ……。(ありがとうけんたろう!!)でかいのに史上最速で作れちゃう&こまかいところもかっこいいVF-1、これは組まなきゃわからない魅力がたっぷりでございますよ。


f0395912_19045706.jpg
▲着陸脚をしまったときの蓋パーツも入ってます。


さて、こんどはみなさんがこのVF-1を組む番です!
繰り返します、
お値段なんと19,800円、
史上最大のVF-1のプラモ
があなたの家にやってくる。

さあ、何色に塗ろう!さあ、どこを電飾しよう!さあ、どんなシチュエーションで撮影しよう!!
いまから妄想を膨らませつつ、置き場所を考えつつ、ご予約してくださいませ。

あ、ちなみに組んだ後も機首、胴体、主翼、脚部は着脱可能なので、収納体積はけっこう小さくて済みます。
開発チームの経験上、展示会への運搬も余裕ですので怯むことなくゲットしちゃってください。


f0395912_19073195.jpg
▲別売りの兵装セットとともに!


PLAMAX MF-45 minimum factory VF-1 ファイター バルキリー、
いよいよ本日より、予約受付開始です!
発売は2020年3月!令和最初の年度末を飾るハイパープラモはこれに決まり!
お買い逃しのないよう、いまから予約を強くおすすめいたします!
ではまた!!

以下リンクより商品詳細情報もご覧ください〜

# by plamax | 2019-10-18 19:10 | minimum factory

f0395912_10483008.jpg
シリーズ5周年を記念して、遂に一挙13種が再生産された「COMBAT ARMORS MAX」!!! 月刊ホビージャパンとマックスファクトリーの共同企画「ダグラムコンペ」の開催も決定し(詳細は下記リンクを参照ください)さらにコンバットアーマーマックスシリーズを楽しめる今!!! ぜひ店頭でキットを手に取ってみてください。そしてあなただけの作品でダグラムコンペに参加してみてください!!!
f0395912_17285227.png

再生産に合わせてスタートしたキットレビュー連載の10回目!! 今回のお題は「サバロフ AG9 ニコラエフ」です。今回もナビゲーターは、各模型雑誌で大活躍のライター「けんたろう」が務めます!
f0395912_11480477.jpg
声に出して読みたいコンバットアーマーの名前No.1
太陽の牙ダグラムも放送期間が1年を超え、最終盤。ある目的を帯びて陸の孤島に迫ったクリン達は、双眼鏡のなかに見慣れないコンバットアーマーを発見します。すると整備担当のハックルがとうとうと語りだすのです。
f0395912_11475878.jpg
「あれはサバロフAG9(エージーナイン)ニコラエフ……」ハックルが滑らかに語りだします。旧式であり、暴徒鎮圧用であり、という話。ここまで作品を見てきた人ならなぜここにそれがあるか、というのが言外にわかるような解説です。コンバットアーマーを持たぬゲリラならサバロフAG9ニコラエフで十分なのだという主張。
f0395912_11480879.jpg
サバロフAG9ニコラエフ。不思議な魅力のあるこの名前、ハックルの解説、そして腕のない特異なフォルム。すでに7割ぐらい好きになっているのですが、この回はそれで終わりません。当然ダグラムとの戦闘になるのですが、この回は特盛です。BGMに挿入歌の"EXODUS"を受けながらダグラムはハンググライダーで飛び立ちます。孤島に降り立ったダグラムを迎え撃つサバロフAG9ニコラエフ。ハンググライダーのウイングを切り離したダグラムは、いつものように得意の跳躍で勝負を仕掛けます。ところが、サバロフAG9ニコラエフも同様の跳躍を見せます(まさにここがパッケージアートのモチーフですね)。すれ違い着地したサバロフAG9ニコラエフ、なんとここで180度上半身を回転させキャノンを発射するのです! さすがのダグラムもこの速攻には直撃弾を受けてしまいます。
f0395912_12081616.jpg
濃厚な解説、上半身回転の戦い、挿入歌……。もうこれでもかというぐらいかっこいい演出とミサイルポッドの弾をもらって2機のサバロフAG9ニコラエフは沈みます。コンバットアーマーバトル終盤戦の見どころであり、ダグラムそのもののドラマ最終章の幕開けを告げる戦いです。かくしてサバロフAG9ニコラエフは人々の脳裏に刻まれたのです……。アニメ話が長い。いやしょうがないんです。1話しかでなくても、これだけのインパクトがあるのですから。少なくとも当時の私は完全に魅了され、模型店の棚からサバロフAG9ニコラエフを引き抜くのでした。

そしてマックスファクトリーもこの熱き戦いに魅了されたか、最後の2足歩行型コンバットアーマーキットとしてサバロフAG9ニコラエフをリリースします。長くなりましたが、キットを見ていきましょう!
f0395912_10395784.jpg
UFOか甘食かといったボディがランナーを飾ります。
f0395912_10402330.jpg
パネルラインでパーツを分割して、合わせ目が出ないようにしつつ、ボディ上面は発展性を持たせる、という構成です。連装キャノンは右肩の装備ですが、ポリキャップを仕込んで左側にも装着ができるようになっています。
f0395912_10402287.jpg
おなじみ塗装済みキャノピーも極まっています。複雑な枠をもつサバロフAG9ニコラエフ。塗り分けがうれしいところ。さらにクリアーパーツの色も少しだけついていて、最近の電車の窓のような遮光性ガラスっぽい感じになっています。
f0395912_10402561.jpg
脚は構造が結構複雑です。あのジャンプを支える脚ですから、後部に露出したスプリングやダンパーを最大限活かすようになっています。スネ前側の骨格とダンパーは別になっていて、ダンバーが左右に振れるようになっています。
f0395912_10402297.jpg
ダンパーの端にカバーをつけたら足首へ作業は移ります。足首の基本ができたらスネにセット。最後にかかとの空間にダンパーを入れて、かかとの残りを組み立てます。こうすることで、ダンパーが足首のやわらかい動きに連動して展張しているようなギミックが完成します。前に沈み込むポーズなら時はスプリングの巻きが多く、踏ん張った時は巻きが少なく。左右の振りもちゃんと追従するので、足首をぐにぐにして動かすのが楽しくなります。
f0395912_10403809.jpg
f0395912_10405206.jpg
2足歩行コンバットアーマーのフィナーレだからこそ、なのかはわかりませんが、内容も楽しく、そして攻めた設計になっているのがサバロフAG9ニコラエフです。作中の熱い戦いを皆様の卓上に再現してみてください。
f0395912_10405641.jpg
好きだからいくらでも語れるけど、本当の人気についてはわたしにはわからないです。けんたろうだもの。
f0395912_14152034.jpg
▲ライター/けんたろう 連載のナビゲーターを務めるけんたろう。仕事が依頼されれば各模型誌を渡り歩く、媒体の壁など気にしないお兄さん。ダグラムとの出会いは、テレビ埼玉でやっていた再放送。"登場人物がだいたい上裸"、"整備をしないと動かない"、"局地戦闘型に主人公主役メカ大苦戦"というやたらとハードな物語にびっくり!!。『ガンダム』とはまた違った魅力にやられる……
次回予告

アビテート F35C ブリザードガンナー

f0395912_14185631.jpg
Not Even Justice,I Want To Get Truth.
真実は見えるか


©SUNRISE



# by plamax | 2019-10-16 11:47 | COMBAT ARMORS MAX