ワンフェス参加の皆様大変お疲れ様でした、
雪もあの時ほどではなくてホッとした竹下帰還兵ですこんにちは。

さて、
キットも美しく加藤単駆郎氏のボックスアートも美しいビューティフルキット、
ハセガワさんのファイター1の続きです。
f0395912_14055425.jpg



すでにバリバリ組んでいる皆様をSNS等で見受けられますので組んだ感想を軽く羅列。
スナップキットということで内部にしっかりとした核を設け、そこに外装をはめていく構造でしっかりしています。
外装は核にはめるダボを切り欠くことでそれぞれの色同士接着してからのいわゆる後ハメ加工もできますね、工夫のしどころ。
f0395912_14055486.jpg
同じ様に少改造でコックピットも後ハメできるのはとても嬉しい。
はデフォで後ハメなのが嬉しい。
インテイク付近は合わせ目消しすら必要ないのが嬉しい。


薄くしっかりとしたデカールがついているのが嬉しい。
キャノピー用のカット済みマスキングシートがついているのが嬉しい。
しかも2セット嬉しい。
f0395912_14055429.jpg
▲翼のレーザー機銃は誤って破損してしまったので真鍮線に置換(T T)


あれ?気がつくとガイアノーツさんのミディアムレッドで塗っていました!
しかたないですねお姫様がいますので!



そこで付属のスタンドにちょっと細工を・・・
このくらいの位置に直径2,5mmの穴をドリルであけまして。
f0395912_14055440.jpg
f0395912_14055521.jpg
minimum factory アルフィンの軸足を差し込みます!






ジャーーーン!
f0395912_14055505.jpg

これがやりたかった!
並べて飾るとめちゃ嬉しい!

f0395912_14055588.jpg
f0395912_14055570.jpg

というわけでみなさんもフィギュアと一緒に並べて飾りませんか?
デスクトップモデルとしての魅力がアップします!



ファイター1/株式会社 ハセガワ

PLAMAX MF-19 minimum factory アルフィン/マックスファクトリー

クラッシャージョウカラーシリーズ/ガイアノーツ


©高千穂&スタジオぬえ・サンライズ

# by plamax | 2019-02-14 17:00 | PLAMAX

寒い!
すっかり寒さに弱くなりカルナック山脈なんてとても行けません竹下帰還兵ですこんにちは。

皆様、ブリザードガンナーのご予約はもうお済みですか?
締切りが近づいてきましたご注意ください。
2019年2月6日の21時までです。
明日じゃ!
今日じゃ!(2/6追記)




記事3回目の今日は先日来ましたテストショットの1stトライ品を使ってご紹介してみようかと!
f0395912_14025449.jpg
記事1回目▼
記事2回目▼




まずはボディパーツ
シンプルな基本的に上下分割構造となっておりまして、前面は前からはめて留めます。
脚の付け根カバーも逆テーパーになるので分けました。
中に入るバスタブタイプのコックピットはそれらしいディテールを盛り込んでおりますので軽く色分けしておくとハッチから覗いたときに嬉しいことになります。
f0395912_14025490.jpg




四脚型CBアーマーの要、4本脚
×4ランナーで金型コストを抑えるのは定番。
前回の記事でも触れました脚の構造案にほぼ沿う形での分割で、軸回転を適所に設けておりますのでなかなか想像より多彩な表情を見せてくれます。
足の裏パーツが2種ありますね、そうです、片方は爪格納再現パーツなのです。
f0395912_14025421.jpg
▲色分けもほぼできました





クリアパーツはご覧の構成。
いつもの様にやまだたかひろ氏にディテールデザインや監修をしていただいてまして、複合センサー部分のディテールはお気に入り、4つのブロックに別れていて良い密度感だしてます。
f0395912_14025469.jpg
▲前照灯電飾作品とか見てみたいぞ




そしてそのディテールに関して、やまだ氏の画稿にも描かれてた前照灯カバー汎用手すりをランナーに入れました。
お好みでご利用ください!
手すりは脚ランナーに入れましたので3×4の12個、豊富。もちろん他のCBアーマーに使うのもありです、楽しいです!
f0395912_14025429.jpg
▲使用例




さて、ここまで出来ているのならばもしかして発売が近いのでは!?と思われるかもしれませんね申し訳ない。
製品としてちゃんとしたものにするために、これから数々の茨の道をクリアしていくのです。がんばるぞーー!
箱や取説、デカールなども作りますしね。
5月に皆さんのお手元へ正しく製品が届くよう引き続きやっていきますので、どのような完成品にしようかなとかダグラムとジオラマ作ろうとかビッグフットと〜とかとか妄想を膨らませたりしてお待ち下さい!
f0395912_14025458.jpg
くどいようですがご予約は2019年2月6日、明日までです。今夜までです。(2/6追記)
グッスマオンライン他、各ホビーサイトや各ホビーショップでご予約お願い致しまーーーす!(次へと続けたいし!)


グッスマオンラインショップはこちら▼



商品名:COMBAT ARMORS MAX15 1/72 Scale アビテート F35C ブリザードガンナー
作品名:太陽の牙ダグラム
価 格:6,389円 +税
発売時期:2019/05
仕 様:PS&PE組み立て式プラスチックモデル・水転写デカール付属・1/72スケール・全高:約100mm
原型制作:マックスファクトリー(佐藤直樹)
発売元:マックスファクトリー
販売元:グッドスマイルカンパニー

※掲載の写真は実際の商品とは・・・まだ多少異なる場合があります、ご了承ください。

©SUNRISE

# by plamax | 2019-02-05 18:00 | COMBAT ARMORS MAX

「休暇がなくなっちまうな」
社内でいちばんクラッシャージョウ大好きマン竹下帰還兵ですこんにちは。
一行目のセリフでニヤリとした人はこのまま読み進めて一緒にニヤニヤしませんか?

f0395912_15373517.jpg


以前PLAMAX島風で共闘しましたハセガワさんから荷物が届きまして、中身はご覧のとおりアレです。
1:72スケールプラスチックモデル『ファイター1』
念願の!
クラッシャージョウの新キットですよ皆さん!!
航空機テイスト盛り盛りの1:72ですよ!
そんな発売直前のテストショットをぶんどりまして頂戴いたしまして、今日から何回かに分けてブワッとお祭り騒ぎしてみましょ!






さすがハセガワさん繊細なディテールはお手の物、その上品さに酔いしれます。
パーツの表面を眺めながらワイングラスを傾けたくなりますね。(まだ勤務中ですし、お姫さんがいる前でアルコールはご法度です)
f0395912_15373815.jpg
▲きれいなランナーきれいなパーツ






パーツの詳細はハセガワさんの公式ページで見ていただくとして、スナップキットということで軽く組んでみましょうか。

グレーのプラはやや柔らかめの素材ですね、スナップ故でしょうか。
ニッパーで切った感触も違います、パキッと切れるのではなくスッと刃が入る感じ。
ランナーはいつものパキッとシャープ。
嵌合はとてもスムーズ。これ、この調整がキモですよね〜スナップキット。
f0395912_15374900.jpg
▲いつもの航空機キットとは違うコアがあるパーツ構成







どうせならやっぱり「minimum factoryアルフィン」と並べたいじゃないですかPLAMAXブログですし!

とか思ってたらガイアノーツさんから良い塗料も発売されるわけでこちら。
f0395912_15374146.jpg
「クラッシャージョウカラー」ありがたいですね。
調色するの好きなんですけど、ビン生ピッタリの色塗れるならそれに越したことはありません。
そして既存のこの辺も用意しておくと良いらしいですとマスクの人がおっしゃっておりました。
f0395912_15375927.jpg
▲CM-01ホワイトとAT-08ライトブルー

さてさていろいろと準備が整いつつありますね、ちょっと考えてることあるので本日はここまでとします。
ではまたこの場でお会いいたしましょう!


つづく




ファイター1/株式会社 ハセガワ

PLAMAX MF-19 minimum factory アルフィン/マックスファクトリー

クラッシャージョウカラーシリーズ/ガイアノーツ


©高千穂&スタジオぬえ・サンライズ

# by plamax | 2019-01-31 12:00 | PLAMAX

新成人の皆様おめでとうございます!
各々夢や希望に向かい思いっきり羽ばたいてください!
そんな新成人のお父さんたちに今回のブログを伝えたいマックスファクトリー企画部の竹下帰還兵です、こんにちは。

先週1月8日からご予約開始いたしました
『COMBAT ARMORS MAX15 1/72 Scale アビテート F35C ブリザードガンナー』
f0395912_15225123.jpg
おかげさまで楽しみにしている旨をツイッターなどで拝見しておりますエゴサしております、ご予約ありがとうございます!
今日はこのキットの少し細かいところをお伝えいたしましょう。



●脚の可動
ブリザードガンナーの特徴的は4脚は付け根足首で可動します。
f0395912_15451937.jpg

※コンセプト画のため製品とは異なります

本キットの設計で一番キモとなるであろう脚の付け根は、横へ伸びるデザインのためにありがちな構造にしたら胴体がヘニャッとまともに設定画立ちも出来ないモノになるだろうと判断しまして、まず剛性を優先しました。だがしかし、いろんなポーズができるようにはしたかったので、予め角度がついた蛇腹パーツを使うことで単純ながら多様なポーズに対応させました。
f0395912_15473278.jpg




●選択式の爪
爪は展開時格納時の2種類を選択式にしました。
え?爪??
と思った方いらっしゃいますか?
f0395912_15272743.jpg

正直言いまして今回の開発時に本編を再度見直しているときにその構造に気づいたというか忘れてたというか爪伸びた!!と驚いたので仕様に含めました。インジェクションキット初です、おそらく。




●付属フィギュア
そして今回付属するフィギュアは新規造形2体です。
f0395912_15324313.jpg
ハッチを開け緊張感ありながらもややくつろぎ状態がひとり、そして戦車フィギュアおなじみの双眼鏡ポーズ
フィギュアは外せないこのシリーズ、臨場感が広がります。
そして双眼鏡ポーズはXネブラ対応ブロックヘッドに添えるのもありですね、おわかりですね。



まだまだご予約受付中です。
世のお父さんがた、ぜひぜひダグラムシリーズのプラモデルをコレクションしてみてください!
一緒に盛り上がりましょう!





商品名:COMBAT ARMORS MAX15 1/72 Scale アビテート F35C ブリザードガンナー
作品名:太陽の牙ダグラム
価 格:6,389円 +税
発売時期:2019/05
仕 様:PS&PE組み立て式プラスチックモデル・水転写デカール付属・1/72スケール・全高:約100mm
原型制作:マックスファクトリー(佐藤直樹)
発売元:マックスファクトリー
販売元:グッドスマイルカンパニー

※掲載の写真は実際の商品とは多少異なる場合があります。

©SUNRISE


# by plamax | 2019-01-15 17:41 | COMBAT ARMORS MAX


HAPPY NEW YEAR 2019 !!


マックスファクトリー企画部所属竹下帰還兵ですこんにちは!
昨年は超大物プラスチックモデル「PLAMAX 1/20 VF-1 スーパー/ストライク ガウォーク バルキリー」を年末にお贈りできたり、minimum factoryシリーズも「みゆき」「プロテクトギア」そして「みのり with ホンダ耕耘機F90」という話題のプラモを発売したり、「太陽の牙ダグラム」からは「マッケレル」「ニコラエフ」という2つのレアCBアーマー開発にお付き合いいただいたり、誠にありがとうございました。
ニコラエフの発売が少しこぼれてしまったのは大変申し訳なく思いますし悔しいのですが、もうじき発売の報せをお届けできると思うのでもうちょいだけお待ち下さい。
そして本年も引き続きPLAMAXおよびマックスファクトリープラスチックモデルを楽しんでいただけたらと思います。



さて、2019年のプラスチックモデル第一弾は寒い冬にピッタリのこちら。
お待たせいたしました『太陽の牙ダグラム』1/72スケールプラスチックモデルシリーズにいよいよ4脚型CBアーマーが加わります。
本日からご予約開始しました、
『COMBAT ARMORS MAX15 1/72 Scale アビテート F35C ブリザードガンナー』

ああ・・・ちょっと感慨深いですな、四脚の受注開始まで来ました。
これもひとえに皆様の応援(「お買い上げ」とも言う)のおかげでございます、本当にありがとうございます!!
f0395912_15264045.jpg
ではキットを軽くご紹介!
まだ金型作成中ですのでランナー状態はもう少々お待ちいただくとして、いつもの色分けパーツ+PCパーツで独特なロー&ワイドなスタイルを再現しております。
4本の脚は剛性を保ちつつもそこそこ動くようにしたので、すばやく動いたときの足伸ばしやダグラムのリニアガンを避けたときの背伸び等様々な表情を出せます。
f0395912_15473278.jpg
背伸びして避けたのは驚きましたね!▲



形状監修とディテール考証は今回もメカニックデザイナーの「やまだたかひろ氏」にお願いしておりまして、初期のディテール案にはサーマルジャケットやドーザーも描いてあったり、そういうディテールアップや改造も燃えますね!
f0395912_15572985.jpg
原型製作は弊社メカモノ原型師「佐藤直樹」が担当、今回は設計も手がけました。
かっちりとスマートでありつつ異形感やメリハリにも注意し形状を突き詰め、細い四脚で胴体をしっかり浮かす構造を作りました。



そして今回もボックスアートはお世話になってます「天神英貴氏」
めちゃ寒そうなカルナック山脈の前線基地を描いていただきました。
f0395912_16000391.jpg
奥にビッグフットも見えますね、そう、これは『COMBAT ARMORS MAX11 1/72 Scale ソルティック HT128 ビッグフット』のボックスアートの逆サイドでもあるのです。
見上げるビッグフットに対し見渡すブリザードガンナーという対比でもあります。
お持ちの方はぜひ見比べてみてください。
そしてビッグフットと並べるのもなかなか良いです!
f0395912_16043382.jpg

本日はこのあたりで
次回はキットの仕様についてもう少し解説しますねーー

では皆様のご予約お待ちしております!
まだまだシリーズ続けるためにも応援よろしくお願い致します!!!





商品名:COMBAT ARMORS MAX15 1/72 Scale アビテート F35C ブリザードガンナー
作品名:太陽の牙ダグラム
価 格:6,389円 +税
発売時期:2019/05
仕 様:PS&PE組み立て式プラスチックモデル・水転写デカール付属・1/72スケール・全高:約100mm
原型制作:マックスファクトリー(佐藤直樹)
発売元:マックスファクトリー
販売元:グッドスマイルカンパニー

※掲載の写真は実際の商品とは多少異なる場合があります。

©SUNRISE

# by plamax | 2019-01-08 18:25 | COMBAT ARMORS MAX